スーパーセップ™ エース

スーパーセップ™ エースは、高い分離能と長期保存安定性を実現した電気泳動用ポリアクリルアミドゲルです。一般的なSDS-PAGEだけでなく、DNAの電気泳動も可能です。また、ゲル中にSDSが含まれていないため、Native-PAGEにもご使用いただけます。

また、通常のゲルよりもサイズが小さく、約20分で泳動が完了するスーパーセップ™エースミニもラインアップに加わりました。

製品仕様

スーパーセップ™エース スーパーセップ™エースミニ
プレートサイズ 100 x 100 x 3 (mm) 100 x 60 x 4 (mm)
ゲルサイズ 90 x 85 x 1 (mm) 82 x 50 x 1 (mm)
ウェル数 13 17 17
ウェル容積 (µL) 30 25 20
推奨泳動槽 イージーセパレーター™
(製品コード:292-36411)
イージーセパレーター™ミニ
(製品コード:051-09251)

泳動バッファー

製品コード
タンパク質 サンプルバッファー(x2) 0.125M Tris-HCl, pH6.8、20% Glycerol、4% SDS、10% 2-Mercaptoethanol、0.004% BPB 196-11022
泳動バッファー(x10) 0.25M Tris、1.92M Glycine、1% SDS 184-01291
低分子量タンパク質 サンプルバッファー(x2) 0.125M Tris-HCl, pH6.8、20% Glycerol、4% SDS、10% 2-Mercaptoethanol、0.004% BPB 196-11022
泳動バッファー(x10) 0.5M Tris、0.5M Tricine、1% SDS 200-17071
核酸 サンプルバッファー(x2) 0.01M Tris-HCl, pH7.9、1mM EDTA、30% Sucrose、0.004% BPB またはLoading Buffer 313-90111
泳動バッファー(x10) 0.25M Tris、1.92M Glycine またはTBE buffer 318-90041

スーパーセップ™エース

特長

  • 分離が良くバンドがきれい (下図)
  • マルチチャンネルピペット対応
  • ゲルの種類が判りやすい箱側面のワッペン付き
スーパーセップ™エースの分離例

推奨泳動条件

  • 定電流 20mA/ゲル
  • 定電圧 200V

濃度別泳動パターン

下記泳動パターンを参考にアクリルアミド濃度を選択してください。

ワイドビュー™ プレステインタンパク質サイズマーカーⅢ (製品コード:230-02461)を使用しています。

使用例

使用例① 大腸菌発現Hisタグ付タンパク質のゲルろ過精製フラクションの電気泳動

スーパーセップ™ を用いて大腸菌発現Hisタグ付タンパク質 (35kDa) のゲルろ過精製フラクションの電気泳動を行い、目的タンパク質が含まれるフラクションを調べました。その結果、フラクションNo. 84-96において35kDa部分にバンドの発現が見られたことから、フラクションNo.84-96に大腸菌発現Hisタグ付タンパク質が含まれることが明らかになりました。

※1 M:分子量マーカー
※2 前:ゲル濾過前のタンパク質

ゲル
ランニングバッファー
サンプルバッファー
サンプル
分子量マーカー
染色
:スーパーセップ™ エース 10-20%, 17well(製品コード:198-15041)
:SDS-PAGEバッファー, pH8.5(製品コード:192-16801)
:試料用緩衝液(3-メルカプト-1,2-プロパンジオール含有)(×4)(製品コード:196-16142)
:大腸菌発現Hisタグ付きタンパク質(35kDa)のゲル濾過フラクション
:ワイドビュー™ プレステインたん白質サイズマーカーⅢ(製品コード:230-02461)
:クイックCBBプラス(製品コード:178-00551)

使用例➁ 精製タンパク質濃度の決定

スーパーセップ™ を用いて、使用例①で精製した大腸菌発現Hisタグ付タンパク質とアルブミン溶液を電気泳動し、精製タンパク質の濃度決定を行いました。検出されたバンドの太さから、精製した大腸菌発現Hisタグ付タンパク質の濃度は約0.45 mg/mLであることが明らかになりました。

ゲル
ランニングバッファー
サンプルバッファー
サンプル
分子量マーカー
染色
:スーパーセップ™ エース 10-20%, 17well(製品コード:198-15041)
:SDS-PAGEバッファー, pH8.5(製品コード:192-16801)
:試料用緩衝液(3-メルカプト-1,2-プロパンジオール含有)(×4)(製品コード:196-16142)
:大腸菌発現Hisタグ付きタンパク質(精製タンパク)および2 mg/mLアルブミン溶液, ウシ血清由来(製品コード:015-25613)
:ワイドビュー™ プレステインたん白質サイズマーカーⅢ(製品コード:230-02461)
:クイックCBBプラス(製品コード:178-00551)

Native-PAGEでの使用例

  1. Analysis of the phospholipase C-δ1 pleckstrin homology domain using native polyacrylamide gel electrophoresis
    Analytical Biochemistry, Volume 431, Issue 2, 15 December 2012, Page 106–114
  2. Core–shell clusters of human haemoglobin A and human serum albumin: artificial O2-carriers having various O2-affinities J. Mater. Chem. B, 2015, Advance Article
  3. Bacterial toxin-inducible gene expression of cathelicidin-B1 in the chicken bursal lymphoma-derived cell line DT40: Functional characterization of cathelicidin-B1 Peptides, Volume 59, September 2014, Pages 94–102

スーパーセップ™エースミニ

特長

  • 約20分 (定電圧:300V) で泳動完了
  • タンパク質発現確認や精製確認に有用
  • 優れた保存安定性

使用例

スーパーセップ™エースミニを用いてIgG抗体溶液の電気泳動を行いました。その結果、20分の泳動でマーカー及び各タンパク質のサンプルが良く分離されていることが確認できました。

ゲル
ランニングバッファー
サンプル
マーカー (M)
染色
泳動条件
:スーパーセップ™エースミニ, 10-20%, 17ウェル (製品コード:191-18613)
:SDS-PAGEバッファー, pH8.5 (製品コード:192-16801)
:還元/非還元状態のIgG抗体溶液 (+:熱処理あり -:熱処理なし)
:ワイドビュー™ プレステインたん白質サイズマーカーⅢ (製品コード:230-02461)
:クイックCBBプラス(製品コード:178-00551)
:定電圧 (320V)、20分

時短の裏ワザ!

泳動からタンパク質発現確認終了までの時短を実現する方法を2種類紹介いたします。ぜひお試しください。
①約40分「レンジを用いたCBB染色
②約25分「EZBiolab社 Instant-Bandsを用いた染色

①電子レンジを用いたCBB染色

スーパーセップ™エースミニを使用した電気泳動※1からCBB染色によるタンパク質発現確認まで約40分で終了する※2裏ワザをご紹介いたします。ぜひお試しください!

  • 1 スーパーセップ™エースでの実施も可能です。
  • 2 実験条件によりかかる時間は異なります。
必要な試薬・器具
  • クイックCBBプラス (製品コード:174-00553)
  • 電子レンジ
  • サランラップ
  • キムワイプ
  • ゲルを入れる耐熱トレイ
手順
  1. SDS-PAGE
  2. 電子レンジを用いた染色:1分間 x 2~4回
     ゲルを染色液に浸した後、軽くサランラップで覆い、電子レンジ (500W) で1分間加熱。
     この作業をゲル全体が色づく程度まで繰り返す。
  3. 電子レンジを用いた脱色:1分間 x 4~6回
     トレイの染色液を捨て、100mLの脱イオン水を注ぎ、ゲルを浸す。
     丸めたキムワイプを入れて電子レンジ (500W) で約1分間加熱処理後、脱イオン水を交換する。
     同様の操作を数回行う※3
    • 3 突沸しても液面かであればゲルが壊れることはありません。
       バックグラウンドを抜く場合は脱イオン水にゲルを入れ、一晩放置してください。
注意
完全にサランラップで覆った場合、針で数か所穴を開けてください。また、とても高温になりますので、取り出しの際は手袋を使用するなどしてください。
染色結果
  • 通常法

  • 電子レンジ法




  • サンプル:BSA
    サンプル量:①Totalタンパク質量として5 μg
    ②~⑨ ①の2倍希釈系列

②EZBiolab社 Instant-Bands

EZBiolab社のInstant-Bandsはタンパク質を「先染め」するサンプルバッファーです。本製品なら電気泳動後すぐにタンパク質発現確認が可能です。Instant-Bandsによる蛍光標識はタンパク質の移動度に影響を与えません。

詳細はこちらをご覧ください。

プロトコル
Lane 1, 2
細胞抽出液 (0.1%CHAPSを用いて昆虫細胞から抽出, アプライ量15 μL)
Lane 3
蛍光標識済みタンパク質分子量マーカー (製品コード:555-30091, アプライ量5 μL)
Lane 4, 5
細胞懸濁液 (昆虫細胞をPBS(-)で懸濁, アプライ量15 μL)

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

スーパーセップ™エース

スーパーセップ™エースミニ

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

プレミックスバッファー

電気泳動槽

染色試薬

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。