低変異原性・高感度な核酸染色試薬

Biotium社 GelGreen™・GelRed™

Biotium 社のGelGreen™、GelRed™はエチジウムブロマイド(EtBr)と比べて環境にやさしく、安全性に優れています。また常温保存が可能であるなど操作性においても大変優れています。プレステイン染色・ポストステイン染色双方とも高感度に核酸バンドを検出する事が可能で、特にエチジウムブロマイドでは検出できないような低分子量の核酸バンドも、検出することができます。

特長

  • 変異原性が低い
  • 細胞膜内へ浸透せず、高い操作安全性
  • 低バックグラウンド
  • 低分子量DNA/RNAのバンドがくっきり
  • EtBrフィルターで使用可能
  • 室温保存可能

染色例

染色剤入りアガロースゲル

1%アガロースにEtBrあるいはGelRed™、GelGreen™を添加してゲルを作成した。

サンプル

Gene Ladder Fast (ニッポンジーン)

GelRed™、GelGreen™はEtBrよりもバックグラウンドが低く、低分子量のDNAバンドも観察できた。

細胞透過性の確認

GelGreen™、GelRed™およびI社相当品を用いて、HeLa細胞をそれぞれ5分間・30分間インキュベート(37 ℃)を行い、それぞれの色素の細胞内への浸透を確認した。GelRed™、GelGreen™いずれも、細胞内での蛍光は検出されなかった。

このことは、GelGreen™、GelRed™が細胞膜透過能力を持たないことを示唆しており、I社相当品と比較して、より高い操作安全性を実現している。

特性

  • GelRed™

    Ex (max) : 270 nm、510 nm
    Em (max): 600 nm

  • GelGreen™

    Ex (max) : 250 nm、500 nm
    Em (max): 530 nm

GelGreen™ GelRed™
ラテックスグローブへの浸透 なし なし
細胞膜への浸透 なし なし
変異原性 (Ames試験) 低い 低い
水生生物への影響
(CCR title22)
毒性はみとめられない
(LD50:>750 mg/L)
毒性はみとめられない
(LD50:>750 mg/L)
活性シアン (EPA SW-846) 未検出 未検出
活性スルフィド
(EPA SW-846)
未検出 未検出
pH (EPA 9040C) 4.0 5.3
発火点 (ASTM D-93) >150°F >150°F

CCR…米国カルフォルニア州法典 EPA…米国環境保護庁 ASTM…米国材料試験協会による国際工業規格
本安全性 / 物理特性はBiotium社が外部機関に委託して得られた結果です。

比較表

GelGreen™ / GelRed™ エチジウムブロミド (EtBr) I社相当品
検出物質 dsDNA / ssDNA / RNA dsDNA / ssDNA / RNA dsDNA / ssDNA / RNA
染色方法 先染め / 後染め 先染め / 後染め 後染めのみ
EtBr フィルター 使用可能 使用可能 使用適さない
保存温度 常温 常温 冷凍
変異原性 低い 高い 低い

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

GelGreen™ (水溶液)

GelGreen™ (DMSO溶液)

GelRed™ (水溶液)

GelRed™ (DMSO溶液)

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

低変異原性核酸染色試薬 SAFELOOK™

エチジウムブロマイド処理試薬

LEDトランスイルミネーター

サブマリン電気泳動装置

アガロース電気泳動リアルタイム観察装置

アガロース

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。