FUJIFILM Irvine Scientific社

間葉系幹細胞 増殖培地

ヒトMSCsの増殖をサポートする、拡大培養用培地です。異種動物成分含有・不含の両タイプの取扱いがあります。
また、多継代にわたって形態、マーカー発現、免疫抑制能、分化能を保持します。

ラインアップ

  • PRIME-XV MSC XSFM MDF1 (GMP準拠製造品)
  • PRIME-XV MSC Expansion XSFM (GMP準拠製造品)
    ⇒詳細はカタログp.3-5をご覧ください。
動物細胞用培地カタログ

PRIME-XV MSC XSFM MDF1

ヒト間葉系幹細胞 (MSCs) 拡大培養用無血清(異種動物成分不含 (Xeno-free)) 培地です。

本培地は、「PRIME-XV MSC Expansion XSFM」をもとに、H15年度厚生労働省告示第210号生物由来原料基準の要求事項を満たすよう原料を改良した、再生医療等製品材料確認書取得済みの培地です。容量や価格については別途ご相談ください。

特長

    • Serum-Free, Xeno-Free
    • Ready-to-Use
    • 高い増殖性
    • 培養後の分化能を保持
    • cGMP準拠工場にて製造可能
    • GMP準拠製造品
    • 骨髄由来および脂肪組織由来の間葉系幹細胞の培養が可能
    • 表面マーカー、免疫抑制能および多分化能を評価済み
    • 間葉系幹細胞の性能を維持したままの拡大培養を確認

細胞の増殖速度比較

ATCC より調達した骨髄由来の間葉系幹細胞を、PRIME-XV MSC XSFM MDF1 、PRIME-XV MSC Expansion XSFM (#91149)および10% FBS 含有MEM α で培養し、増殖速度を調べました。FUJIFILM Irvine Scientific社が販売する2 種類の無血清培地、特に MSC Expansion XSFM MDF1は、血清含有培地よりも高い増殖性能を示しました。

増殖後も分化能、細胞表面マーカー発現レベルを維持

PRIME-XV MSC XSFM MDF1 で培養した細胞の分化能を評価しました。その結果、脂肪細胞、骨芽細胞、軟骨細胞への分化が確認されました。

細胞表面マーカー発現レベル

PRIME-XV MSC XSFM MDF1 で培養した 8継代目及び11継代目の細胞を、フローサイトメトリーで解析した結果を示します。いずれの時点においても、CD105及びCD90が陽性、CD45が陰性であり、間葉系幹細胞の要件を満たします。

PRIME-XV MSC Expansion XSFM

ヒト間葉系幹細胞 (MSCs) 拡大培養用無血清(異種動物成分不含 (Xeno-free)) 培地です。米国Drug Master Fileに登録済です。

特長

  • Serum-Free, Xeno-Free
  • 骨髄由来および脂肪組織由来の間葉系幹細胞の培養が可能
  • 表面マーカー、免疫抑制能および多分化能を評価済み
  • 間葉系幹細胞の性能を維持したままの拡大培養を確認
  • WFIグレード (USP、EP) の水を用いて製造
  • cGMP準拠設備で製造
  • 米国Drug Master Fileに登録

PRIME-XV 培地は、他社市販培地や血清含有培地よりも優れた性能を発揮

ヒト骨髄由来 (BM) MSCs を、PRIME-XV MSC Expansion XSFM、PRIME-XV Expansion SFM、市販の異種動物成分不含 (Xeno-free) 培地 (Supplier A)、ならびに血清含有培地 (Serum-containing) で培養しました。MSCs を6,000 cells/cm2 で播種して、3 継代までの累積細胞数を評価しました。

代表的なMSC マーカー発現プロファイルを多継代にわたり保持

脂肪組織由来MSCs (AD-MSC)、骨髄由来MSCs (BM-MSC) および臍帯由来MSCs (UC-MSC) をPRIME-XV MSC Expansion XSFM で培養しました。MSCs は、3 継代にわたって拡大培養しました。CD105、CD90、およびCD45 の発現をフローサイトメトリーにより評価しました。多継代培養後、細胞は特徴的なMSC マーカー発現プロファイル (CD105 およびCD90 陽性、ならびにCD45 陰性) を保持していました。

様々なソースから分離したMSCs のロバストな増殖

AD-MSC、BM-MSC、およびUC-MSC を、6,000 cells/cm2 でPRIME-XV MSC Expansion XSFM に播種して、3 継代しました。各継代は80%コンフルエンスで回収し、細胞数と生存率を評価しました。

三方向分化能をサポート

ヒトBM-MSC をPRIME-XV MSC Expansion XSFM で培養してから、PRIME-XV 分化培地を使用して、2 週間にわたり分化させました。オステオカルシン (緑) およびRUNX2 (赤) 染色は、PRIME-XV Osteogenic Differentiation SFM が骨芽細胞へのロバストな分化を誘導することを示しています (A)。アグリカン (赤) とII 型コラーゲン (緑) 染色は、PRIME-XV Chondrogenic Differentiation XSFM が軟骨細胞へのロバストな分化を誘導することを実証しています (B)。FABP-4 (赤) 染色は、PRIME-XV Adipogenic Differentiation SFM が脂肪細胞へのロバストな分化を誘導することを示しています (C)。核はDAPI で対比染色しています (B、C)。

※ PRIME-XV Osteogenic Differentiation SFM の日本での取扱いはございません。

MSCs の免疫抑制能を維持

BM-MSC をPRIME-XV MSC Expansion XSFM で培養しました。抗ヒトCD3 抗体と抗ヒトCD28 抗体で刺激されたCFSE 標識ヒトCD3+ T 細胞を使用して、細胞増殖アッセイしました。

MSC を共培養しなかった不活性化CD3+ T 細胞は、親世代で静止しました (オレンジ色)。MSC を共培養しないで6 日間増殖させた活性化CD3+ T 細胞は、細胞分裂が起こり蛍光強度が低下しました (紫)。抗ヒトCD3 抗体と抗ヒトCD28 抗体で刺激された CD3+ T 細胞の増殖は、MSCと共培養された場合により高い蛍光強度 (免疫抑制の徴候) を示しました (緑)。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

間葉系幹細胞 拡大培養用培地

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。