コントロール抗体

各種コントロール抗体を多数取り揃えております。ご紹介します。

正常IgG、全分子、精製品

各動物種血清由来の精製IgG(全分子)です。抗体反応を伴うアプリケーションにおいて、ネガティブコントロールとして使用されます。また、ブロッキング剤や抗体産生の免疫原としても使用されます。

由  来: 血清
性  状: 溶液
濃  度: ラベルに記載
保 存 液 : 10mmol/L Sodium Phosphate, 0.15mol/L Sodium Chloride, pH7.2 with 0.05w/v% Sodium Azide. 0.2μm filtered.
精製方法: Protein AもしくはProtein Gによるアフィニティークロマトグラフィー

正常IgG:ChromPure

Jackson ImmunoResearch社のIgG, 全分子です。

由  来: 血清
性  状: 溶液
濃  度: ラベルに記載
防 腐 剤 : なし

ローディング抗体

  • 抗β -アクチン,モノクローナル抗体
    β -アクチンに対するモノクローナル抗体です。β -アクチンは、多くの細胞で発現している真核細胞タンパク質で、特にウェスタンブロッティングにおけるローディングコントロールとして使用されます。
  • 抗α -チューブリン,モノクローナル抗体、抗β -チューブリン,モノクローナル抗体
    α -チューブリン及びβ -チューブリンに対するモノクローナル抗体です。 チューブリンの細胞内分布、細胞骨格の静的及び動的様相の検出及びウェスタンブロッティングにおけるローディングコントロールとして使用されます。
  • 抗GAPDH,モノクローナル抗体
    GAPDH(Glyceraldehyde-3-Phosphate Dehydrogenase)に対するモノクロー ナル抗体です。ウェスタンブロッティングにおけるローディングコントロールとして使用されます。細胞が低酸素条件に陥るような刺激下ではGAPDHの発現量が増加してしまう可能性があるので、実験系にご注意下さい。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

正常IgG、全分子、精製品

ChromPure

アイソタイプコントロール(標識品)
R&D Systems社のアイソタイプコントロール(標識品)です。

アイソタイプコントロール(未標識品)
R&D Systems社のアイソタイプコントロール(未標識品)です。

ローディング抗体
ウエスタンブロッティングなどのポジティブコントロールとしてご使用いただけます。

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

抗体反応促進試薬
ウエスタンブロッティング、ドットブロッティング、ELISAの抗原-抗体反応を最適化し促進する試薬です。特に反応性の低い抗体を用いた場合に効果があります。特別な操作は必要なく、抗体希釈液を本品に変更するだけです。

抗γ1-アクチン, モノクローナル抗体

抗IDH1, モノクローナル抗体
脳由来サンプルのポジティブコントロール、ローディングコントロールとしてご活用ください。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。