初代神経細胞の培養が上手くいかない貴方に

神経細胞用培地

本品はラット、マウスの初代神経細胞用無血清培地であり、中枢神経系細胞の培養に最適化されています。本品はラットグリア細胞培養上清を含有しています。

特長

短期間で神経細胞が成熟する

約1/2の培養期間

神経細胞用培地:14日

一般的な培地 :約1ヶ月

低密度培養が可能

1/5~1/10の細胞数

神経細胞用培地:0.1 ×106 cells/mL

一般的な培地 :0.5~1.0×106 cells/mL

Ready-to-Use

培地のみで培養可能。サプリメント類の添加は不要

樹状突起伸展確認(MAP2免疫染色)

本品のみ

00821_img01.png

他社培地+他社サプリメント

00821_img02.png

実験条件

細胞数:0.1×106 cells/mL(妊娠18.5日目マウスの胎児海馬より分散)
培養スケール:500 μL/well(ポリリジンコートガラスボトムディッシュ)
培養条件:培養3日目、7日目に培地半量交換(Ara-C添加なし)

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 
岡野 ジェイムス洋尚先生、小川優樹様

▶本品を用いて培養した神経細胞は他社品で培養したものと比較して樹状突起の伸展速度が優れていることが確認できた

樹状突起伸展、生細胞数確認(MAP2, Hoechst免疫染色)

培養14日目

00821_img03.png

実験条件

細胞数:0.1×106 cells/mL(妊娠18.5日目マウスの胎児海馬より分散)

培養スケール:500 μL/well(ポリリジンコートガラスボトムディッシュ)

培養条件:培養3日目、7日目に培地半量交換(Ara-C添加なし)

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 

岡野 ジェイムス 洋尚先生、小川優樹様

▶本品を用いて培養した神経細胞は他社品で培養したものと比較して樹状突起の伸展に優れ、また生細胞数も多いことが確認できた

神経細胞成熟度評価:樹状突起スパイン確認

培養14日目

00821_img04.png

実験条件

細胞数:0.1×106 cells/mL(妊娠18.5日目マウスの胎児海馬より分散)

培養スケール:500 μL/well(ポリリジンコートガラスボトムディッシュ)

培養条件:培養3日目、7日目に培地半量交換(Ara-C添加なし)

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 

岡野 ジェイムス 洋尚先生、小川優樹様

本品を用いて培養した神経細胞には培養14日目において成熟時の特徴である樹状突起スパインが確認できた。

神経細胞成熟度確認:樹状突起、軸索確認

培養14日目

00821_img05.png

MAP2:樹状突起のマーカー
AnkyrinG:神経軸索の付け根の部分のマーカー

実験条件

細胞数:0.1×106 cells/mL(妊娠18.5日目マウスの胎児海馬より分散)

培養スケール:500 μL/well(ポリリジンコートガラスボトムディッシュ)

培養条件:培養3日目、7日目に培地半量交換(Ara-C添加なし)

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 

岡野 ジェイムス洋尚先生、小川優樹様

本品を用いて培養した神経細胞は複数の樹状突起と1本の軸索が細胞体より伸びていることから正常に成熟していることが確認された。

マウスプルキンエ細胞培養(Calbindin免疫染色)

培養14日目

00821_img06.png

実験条件

細胞数:0.1×106 cells/well(妊娠18日目マウスの胎児海馬より分散)

培養スケール:500 μL/well(ポリリジンコートガラスボトムディッシュ)

培養条件:終濃度1nMでTriiodothyronineを添加

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 

岡野 ジェイムス洋尚先生、小川優樹様

▶本品に1nM の濃度でTriiodothyroninを加え、培養したプルキンエ細胞はCalbindin陽性であり、また、樹状突起の進展が見られた。

ヒトiPS由来神経細胞成熟度確認

MAP2,NeuN,Hoechst免疫染色

ドパミン神経分化誘導法による分散培養14日目(分化誘導後42日目)

00821_img07.png

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 

岡野 ジェイムス洋尚先生、坊野恵子様

▶本品を用いて培養したiPS由来神経細胞NeuN染色されることから成熟した神経細胞あると確認できた

MAP2,TH免疫染色

ドパミン神経分化誘導法による分散培養14日目(分化誘導後42日目)

00821_img08.png

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 

岡野 ジェイムス洋尚先生、坊野恵子様

▶ドパミン神経分化誘導法により得られたTH陽性細胞の維持培養においても神経細胞の生存率が向上した。

ヒトiPS由来神経細胞生理的機能検証(Ca2+イメージング)

ドパミン神経分化誘導法による分散培養14日目(分化誘導後42日目)

自然発火

ヒトiPS細胞由来神経細胞

00821_img09.png

イオノマイシン添加

ヒトiPS細胞由来神経細胞

00821_img10.png

データご提供

東京慈恵会医科大学 再生医学研究部 

岡野 ジェイムス洋尚先生、坊野恵子様

▶本品を用いて培養したヒトiPS細胞由来神経細胞の中にCa2+イメージングにおいて自立的な活動を行う細胞が確認できた。

 

参考文献

1) Bono, K., Hara‑Miyauchi, C., Sumi, S., Oka, H., Iguchi, Y. and Okano James, H.: Mol Brain, 13, 137 (2020).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

神経細胞用分散液

凍結神経細胞

凍結保存溶液

既知組成培地/サプリメント

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。