オートファジー研究に!

抗SQSTM1/A170/p62抗体

Sequestosome 1(SQSTM1)/A170(マウス)/p62(ヒト)/ZIP(ラット)は、ユビキチン結合タンパク質で、酸化ストレス依存的に発現しています。SQSTM1の異常は、骨代謝異常、肥満、2型糖尿病を発症します。SQSTM1は、オートファジー関連因子であるLC3と結合することが報告されており、ユビキチン/プロテオソーム系からオートファジー系のタンパク質分解へ誘導するタンパク質と考えられています。
本製品は、マウスSQSTM1(A170)のウサギ抗血清で、ウエスタンブロット、免疫組織染色、免疫蛍光染色に使用できます。

製品情報

  • 形状:大腸菌タンパク質で吸収した2倍希釈抗血清(防腐剤として0.1 % NaN3含有)
  • 抗原:マウスSQSTM1(A170)のアミノ酸配列254-333(N末端にT7タグ、C末端にHisタグを含む)組換え体
  • 特異性:マウスおよびラットのSQSTM1(A170/ZIP)と反応。ヒトSQSTM1(p62)とはごく弱く反応する
         ※ヒトSQSTM1との反応性はごく弱いため、ヒトサンプルでの使用はお勧めしません。
  • 実用希釈倍率:ウエスタンブロット ・・・ 1:200
           免疫組織染色 ・・・ 1:1,000
           免疫蛍光染色 ・・・ 1:1,000

使用例

免疫組織染色

00811_img01.jpgラット小脳歯状核 00811_img02.jpgラット大脳基底核

固定:4%パラホルムアルデヒド
包埋:パラフィン包埋
染色:アビジン-ビオチンペルオキシダーゼ法
一次抗体:本製品 1:1,000
二次抗体:ビオチン標識抗ウサギIgG

(データご提供:鳥取大学 中曽一裕先生)

ウエスタンブロット

00811_img03.jpg

サンプル:培養マウス血管平滑筋細胞ライセート 20 μg
抗体:本製品 1:200

(データご提供:筑波大学 石井哲郎先生)

参考文献

  1. Ishii, T., Yanagawa, T., Kawane, T., Yuki, K., Seita, J., Yoshida, H. and Bannai, S. : Biochem. Biophys. Res. Commun., 226, 456(1996).
  2. Ishii, T., Itoh, K., Takahashi, S., Sato, H., Yanagawa, T., Katoh, Y., Bannai, S. and Yamamoto, M. : J. Biol. Chem., 275, 16023(2000).
  3. Komatsu, M., Waguri, S., Koike, M., Sou, Y.S., Ueno, T., Hara, T., Mizushima, N., Iwata, J., Ezaki, J., Murata, S., Hamazaki, J., Nishito, Y., Iemura, S., Natsume, T., Yanagawa, T., Uwayama, J., Warabi, E., Yoshida, H., Ishii, T., Kobayashi, A., Yamamoto, M., Yue, Z., Uchiyama, Y., Kominami, E. and Tanaka, K. : Cell, 131, 1149(2007).
  4. Nakaso, K., Kitayama, M., Ishii, T., Bannai, S., Yanagawa, T., Kimura, K., Nakashima, K., Ohama, E. and Yamada, K. : Brain Res. Mol. Brain Res., 69, 155(1999).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。