DOJINDO 抗体標識キット

同仁化学 抗体標識キット(Labeling Kit/Ab-10 Rapid Labeling Kit)

Labeling Kit シリーズはお手持ちの一次抗体に直接蛍光色素やビオチン、酵素を標識できるキットです。

少量の抗体(10 μg)を30分で標識できる「Ab-10 Rapid Labeling Kit シリーズ」と限外濾過膜を用いて50 μg-200 μg, 1 mgの抗体・タンパク質を標識できる「Labeling Kit シリーズ」をご用意しております。

一次抗体法の利点

  • 二次抗体を使わないので特にイメージングやELISA 実験時の操作を簡略化できます。
  • 抗体種を気にしなくていいので、希少抗体も気軽に実験できます。
  • 共免疫沈降に使用した抗体との交差性や分子量を気にせずに検出できます。

実験に応じてキットタイプを選択

実験・お困りごと オススメの製品 標識対象 標識部位※1 操作時間 精製工程
まずは 少量の抗体ですぐに試したい Ab-10 Rapid Labeling Kit シリーズ 10 µg抗体 アミノ基 30分間
さらに 低分子の不要物を除きたい
スケールアップしたい
アミノ基標識では上手くいかない
Labeling Kit シリーズ 50-200 µg, 1 mg
抗体・タンパク質
(1 mgはBiotin、Peroxidaseのみ)
アミノ基
チオール
1.5-3時間 有(限外ろ過)
Biotinylation Kit (Sulfo-OSu) 1-5 mg 抗体・タンパク質
(Biotin標識のみ)
アミノ基 4時間 有(ゲルろ過)

まずは 少量抗体を 30 分で標識 Ab-10 Rapid Labeling Kit シリーズ

アミノ基標識の注意点
※1 標識操作により、抗体中のアミノ基に標識体が結合します。そのため抗体によっては抗原認識能が失われる場合がございます。
※2 抗体溶液中の添加剤によっては標識に影響を与えることがあります。
特長
  • 30分以内に抗体を標識可能
  • 少量の抗体(10 μg)でも標識可能
  • 操作は簡単! 抗体と標識剤を混ぜるだけ
  • 標識物
    蛍光色素(Fluorescein, HiLyte Fluor™ 555/647)
    蛍光タンパク質(R-Phycoerythrin)
    ビオチン
    ペルオキシダーゼ

さらに 限外ろ過膜でバッファー交換後に反応 Labeling Kit シリーズ

特長
  • 3時間以内に抗体を標識可能
  • 50〜200 μgの抗体が標識可能
  • ゲルろ過や透析と比較して標識体の回収率が高い
  • 分子量 50,000以上の高分子のラベル化が可能
  • 標識物
    蛍光色素(Fluorescein, HiLyte Fluor™ 555/647/750,ICG)
    蛍光タンパク質(Allophycocyanin, R-Phycoerythrin)
    ビオチン
    アルカリフォスフォターゼ
    ペルオキシダーゼ

ラインアップ

ビオチン サンプル量・種類 標識対象 品名 容量 製品コード メーカーコード 解析方法
ビオチン 10 μg 抗体 -NH2 Ab-10 Rapid Biotin Labeling Kit 3 samples 348-92021 LK37 顕微鏡
FCM
プレートリーダー
ウエスタンブロット
50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 Biotin Labeling Kit -NH2 3 samples 347-90891 LK03
-SH Biotin Labeling Kit -SH 3 samples 348-90941 LK10
1 mg 抗体・タンパク質 -NH2 Biotin Labeling Kit -NH2(for 1mg) 1 sample 344-91141 LK55
1-5 mg 抗体・タンパク質 -NH2 Biotinylation Kit (Sulfo-OSu) 1 set (4 回) 346-90621 BK01
蛍光色素 サンプル量・種類 標識対象 品名 容量 製品コード メーカーコード 解析方法
Fluorescein 10 µg 抗体 -NH2 Ab-10 Rapid Fluorescein Labeling Kit 3 samples 343-91851 LK32 顕微鏡
FCM
50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 Fluorescein Labeling Kit -NH2 3 samples 347-90911 LK01
HiLyte Fluor™ 10 µg 抗体 -NH2 Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 555 Labeling Kit -NH2 3 samples 347-91991 LK35
50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 HiLyte Fluor™ 555 Labeling Kit -NH2 3 samples 348-91041 LK14
10 µg 抗体 -NH2 Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 647 Labeling Kit -NH2 3 samples 344-92001 LK36
50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 HiLyte Fluor™ 647 Labeling Kit -NH2 3 samples 345-91051 LK15
ICG 1-5 mg 抗体・タンパク質 -NH2 ICG Labeling Kit -NH2 3 samples 345-91431 LK31
蛍光タンパク質 サンプル量・種類 標識対象 品名 容量 製品コード メーカーコード 解析方法
R-Phycoerythrin 10 µg 抗体 -NH2 Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit 3 samples 347-91871 LK34 顕微鏡
FCM
50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 R-Phycoerythrin Labeling Kit -NH2 3 samples 347-91011 LK23
-SH R-Phycoerythrin Labeling Kit -SH 3 samples 344-91021 LK26
Allophycocyanin 50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 Allophycocyanin Labeling Kit -NH2 3 samples 349-90971 LK21
-SH Allophycocyanin Labeling Kit -SH 3 samples 346-90981 LK24
酵素 サンプル量・種類 標識対象 品名 容量 製品コード メーカーコード 解析方法
Peroxidase 10 µg 抗体 -NH2 Ab-10 Rapid Peroxidase Labeling Kit 3 samples 340-91861 LK33 顕微鏡
プレートリーダー
ウエスタンブロット
50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 Peroxidase Labeling Kit -NH2 3 samples 348-90821 LK11
-SH Peroxidase Labeling Kit -SH 3 samples 345-90831 LK09
1 mg 抗体・タンパク質 -NH2 Peroxidase Labeling Kit -NH2(for 1mg) 1 sample 340-91121 LK51
Alkaline Phosphatase 50-200 μg 抗体・タンパク質 -NH2 Alkaline Phosphatase Labeling Kit -NH2 3 samples 343-90871 LK12
-SH Alkaline Phosphatase Labeling Kit -SH 3 samples 346-90861 LK13
  • 標識操作により、抗体中のアミノ基に標識体が結合します。そのため抗体によっては抗原認識能が失われる場合があります。

ビオチン標識キット

ラインアップ

Ab10 Rapid Labering kit
(少量抗体用)
Labeling Kit
(限外ろ過膜チューブ同梱)
Labeling Kit (for 1 mg)
(限外ろ過膜チューブ同梱)
Biotinylation Kit
(ゲルろ過カラム同梱)
サンプル量 10 µg 抗体 50-200 µg 抗体またはタンパク質 1 mg 抗体またはタンパク質 1-5 mg 抗体またはタンパク質
標識部位 アミノ基 アミノ基 チオール アミノ基 アミノ基
Biotin LK37 LK03 LK10 LK55 BK01
なぜビオチン化抗体がよく使用されているのか?

ビオチンはストレプトアビジンと特異的に結合し、また結合力も強い(Ka=10-16M)ことから、この特長を利用した様々なアプリケーションが汎用されています。特に抗体の検出や精製において汎用されている技術です。蛍光色素や酵素、ビーズを標識したストレプトアビジンが多数市販されていることも汎用されている理由の一つであり、一度抗体にビオチンを標識した後は実験毎で必要なストレプトアビジン標識体を選択することが可能です。

実験例

免疫染色

使用製品:Ab-10 Rapid Biotin Labeling Kit (メーカーコード: LK37)

HeLa細胞にてBiotin 標識抗ミトコンドリア抗体を用いて免疫反応後、Peroxidase 標識ストレプトアビジン及びDAB (メーカーコード: D006) 添加により染色した。

使用製品:Biotin Labeling Kit-NH2 (メーカーコード: LK03)

ラット肺動脈凍結切片にて、Biotin 標識抗ニトログアノシン抗体を用いて免疫反応後、Peroxidase 標識ストレプトアビジン及びDAB (メーカーコード: D006) 添加により染色した。

(画像提供:北里大学医療衛生学部 微生物学教室 北里英郎先生)

蛍光色素・蛍光タンパク質標識キット

ラインアップ

Ab-10 Rapid Labering kit (少量抗体用) Labeling Kit (限外ろ過膜チューブ同梱)
サンプル量 10 µg 抗体 50-200 μg 抗体またはタンパク質
標識部位 アミノ基 アミノ基 チオール
低分子色素 Fluorescein [ λex:500 nm / λem:525 nm ] LK32 LK01
HiLyte Fluor™ 555 [ λex:555 nm / λem:570 nm ] LK35 LK14
HiLyte Fluor™ 647 [ λex:655 nm / λem:670 nm ] LK36 LK15
ICG [ λex:774 nm / λem:805 nm ] LK31
蛍光タンパク質 Allophycocyanin [ λex:650 nm / λem:660 nm ] LK21 LK24
R-Phycoerythrin [ λex:564 nm / λem:575 nm ] LK34 LK23 LK26

HiLyte Fluor™と Alexa Fluor® の励起光照射時の蛍光強度変化

実験例

  • 組織免疫染色

    使用製品:Fluorescein Labeling Kit-NH2
    (メーカーコード: LK01)

    ラット下顎骨凍結切片にて、Fluorescein 標識した抗ラットI-A 抗原抗体を用いて免疫染色した。

    画像提供:東京医科歯科大学 大学院 医歯学総合研究科 歯髄生物学分野楊光艶先生、川島伸之先生

  • 多重免疫染色

    使用製品:Ab-10 Rapid HiLyte Fluor™ 555/647 Labeling Kit
    (メーカーコード: LK35, LK36)

    HeLa細胞にて、波長の異なる蛍光色素を抗ミトコンドリア抗体および抗アクチン抗体に標識後、免疫染色した。

    ミトコンドリア(赤):HiLyte Fluor™ 647 標識抗体
    アクチン(黄): HiLyte Fluor™ 555 標識抗体
    核(青):DAPI

  • 組織免疫染色

    使用製品:Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit
    (メーカーコード: LK34)

    HL60細胞にて、 R-Phycoerythrin 標識抗CD13 抗体を用いて免疫染色し、フローサイトメーターにて検出した。

    フィルター: Ex 488 nm、Em 564-606 nm

  • in vivoイメージング

    使用製品:ICG Labeling Kit-NH2
    (メーカーコード: LK31)

    ICG標識抗インテグリンα2抗体を用い、マウス皮下腫瘍の蛍光観察した。

    投与法:尾静注により ICG ラベル抗体 50 μg 投与し48 時間後に測定
    装置:in vivo 光イメージング装置 (Clairvivo OPT; 島津製作所)
    マウス : BALB/c nu/nu (雌 11 週齢)
    腫瘍細胞:HeLa (右腋皮下移植 , 移植後 4 週)
    フィルター: Ex 785 nm、Em 845/55 nm

酵素標識キット

ラインアップ

Ab10 Rapid Labering kit
(少量抗体用)
Labeling Kit
(限外ろ過膜チューブ同梱)
Labeling Kit (for 1 mg)
(限外ろ過膜チューブ同梱)
サンプル量 10 µg 抗体 50-200 µg 抗体またはタンパク質 1 mg 抗体またはタンパク質
標識部位 アミノ基 アミノ基 チオール アミノ基
Alkaline Phosphatase LK12 LK13
Peroxidase LK33 LK11 LK09 LK51

実験例

免疫染色

使用製品:Ab-10 Rapid Peroxidase Labeling Kit (メーカーコード: LK33)

HeLa 細胞にて、 Peroxidase 標識抗ミトコンドリア抗体を用いて免疫反応後、DAB (メーカーコード: D006) 添加により染色した。

ウエスタンブロット

使用製品:Peroxidase Labeling Kit-NH2 (メーカーコード: LK11)

リン酸化チロシン BSA を SDS-PAGE で泳動した後、ニトロセルロース膜に転写し、一次抗体法および二次抗体法にて免疫反応を行った。その後、一次抗体または二次抗体に標識したPeroxidase とTMB による発色反応により検出した。

使用製品:Alkaline Phosphatase Labeling Kit-NH2 (メーカーコード: LK12)

抗原タンパク質をSDS-PAGE で泳動した後、ニトロセルロース膜に転写しAlkaline Phosphatase Labeling Kit-NH2 で作製した標識抗体を用いて検出した。

Jackson社の2次抗体も取り扱っております。詳細はこちら

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

Labeling Kit (ビオチン)

Labeling Kit (蛍光色素・蛍光タンパク質)

Labeling Kit (酵素)

Ab-10 Rapid Labeling Kit (ビオチン)

Ab-10 Rapid Labeling Kit (蛍光色素・蛍光タンパク質)

Ab-10 Rapid Labeling Kit (酵素)

Biotinylation Kit (ビオチン)

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

IgG精製キット

タンパク質標識試薬

HPLC用誘導体化試薬

ビオチン化ラベル化剤

二価性試薬(Hetero-bifunctional Reagents)

二価性試薬(Homo-bifunctional Reagents)

二価性試薬(その他)

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。