より簡便にL-グルタミン酸を測定できるようになりました!

L-グルタミン酸測定キット「ヤマサ」NEO

本製品は、L-グルタミン酸に特異的に作用する酵素『L-グルタミン酸オキシダーゼ(EC1.4.3.11)』を用いて、L-グルタミン酸を測定するキットです。従来品である「ヤマサ L-グルタミン酸測定キットⅡ※1」を、より使いやすく改良したものです。従来品と同等に、安心してご使用いただけます。


※1 : 「ヤマサ L-グルタミン酸測定キットⅡ」(メーカーコード : 80057)は2016年3月をもって製造販売を終了しました。

特長

  • 測定に必要な試料はわずか0.01 mL
  • 必要な試薬は溶液状態で添付されたReady To Use製品
  • 吸光光度計以外特殊な機器は必要なく、反応は2ステップ、約40分で終了

キット構成

  • R1酵素試薬液 ----------------------------------- 30 mL x 1バイアル
  • R2酵素試薬液 ----------------------------------- 30 mL x バイアル
  • L-グルタミン酸標準液(250mg/L) --------------- 0.5 mL x 1バイアル

従来品との比較

ここがポイント! 比較項目 L-グルタミン酸測定キット「ヤマサ」 NEO ヤマサ L-グルタミン酸 測定キットⅡ
より微量の試料でL-グルタミン酸の測定が可能となりました 必要試料量 0.01 mL 0.06 mL
測定範囲が広がりました 測定範囲 10~1,500 mg/L 10~500 mg/L
すぐに測定可能で、添付酵素試薬は使用期限※2まで使用できます 構成試薬 すべて溶液状態 酵素試薬は凍結乾燥品で使用直前に添付緩衝液で溶解
(溶解後安定性は冷蔵保存で約1ヶ月間)
共存するアスコルビン酸の影響を受けません アスコルビン酸共存試料 前処理必要なし
(1,000 mg/Lまで影響なし)
前処理必要
(100 mg/Lで測定値約30 %低下)
測定可能検体数、測定値等には変更はありません 検体数 66 66

測定方法

00418_img02.png

従来品との比較

各種試料を、本製品(NEO)で測定した結果を下記表に示します。同時にヤマサ L-グルタミン酸測定キットⅡ(従来品)で測定したところ、NEOでの測定値は従来品に対して94~106 %を示し、大きな相違は見られませんでした。

試料 L-グルタミン酸濃度(mg/L)※3 NEO/従来品
NEO 従来品
Grace培地(10%FBS) 700 747 94 %
トマト汁 2032 2072 98 %
醤油 10701 10850 99 %
市販だし溶解液 22327 22673 98 %
ソーセージ液 200 189 106 %
※2 : 有効期間は製造日より12ヶ月、使用期限は製品外箱ラベル上に記載しております。
※3 : ヤマサ醤油(株)での検討結果であり、一般的なL-グルタミン酸濃度を示すものではありません。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。