水生生物の保全に係る環境基準と要監視項目

水生生物の保全に係る水質環境基準(水生生物保全環境基準)は水生生物の保全や生育環境の保全を目的に、「全亜鉛」「ノニルフェノール」「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)」で基準値が設定されています。
また、現時点では直ちに環境基準とせず引き続き知見の集積に努めるべきと判断された「4-t-オクチルフェノール」「アニリン」「2,4-ジクロロフェノール」等は要監視項目とされています。
当社では、各種試験にお使いいただける試薬を取り揃えておりますのでご活用ください。

アプリケーション

GC/MSチャート (TIC)

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS) 分析法:LC/MS法

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

ノニルフェノール

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)

4-t-オクチルフェノール

アニリン

2,4-ジクロロフェノール

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。