ラジカル重合開始剤

アゾ重合開始剤

アゾ重合開始剤は、熱および光によって分解し、炭素ラジカルを発生するアゾ基(R-N=N-R')をもつ化合物です。発生した炭素ラジカルは反応性に優れ、各種ビニルモノマーの重合やハロゲン化反応などを進行させます。

製品の詳細につきましては、当社化成品のホームページをご参照ください。

特長

  • 誘発分解しないため爆発の危険性がなく、安全に使用可能
  • 使用する溶媒に関係なく一定速度で分解するため様々な溶媒で使用可能
  • 生成した炭素ラジカルは過酸化物と異なり、水素引き抜き反応を起こさないため直鎖ポリマーを生成

アプリケーション

アゾ重合開始剤のラジカルの発生機構(熱分解)

①ラジカルの発生:熱または光で分解し、窒素ガスと炭素ラジカルを発生します。
 ※分解速度(溶液)は一次反応速度式に従い、開始剤の構造によって異なります。

②開始反応・成長反応:ビニルモノマーと付加重合し、ポリマーを生成します。
 ※ポリマー末端にアゾ重合開始剤の切片が導入されるため、末端基の効果が期待されます。
 一般的なアゾ重合開始剤の開始剤効率は0.5~0.7程度であり、残りは③再結合や④不均化を起こします。

③再結合:重合に関与しなかった炭素ラジカル同士が結合します。

④不均化:重合に関与しなかった炭素ラジカルが別の炭素ラジカルの水素を引き抜きます。


アゾ重合開始剤を使用したラジカル反応の例

アゾ重合開始剤は、ポリマー合成をはじめとし、有機合成の触媒や発泡剤としても使用されています。

※光延反応:アルコールのヒドロキシル基をアゾカルボン酸エステルとトリフェニルホスフィンで活性化して行うSN2(反応)
※アゾ化合物:アゾジカルボン酸ビス(2-メトキシエチル)等

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

重合禁止剤

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。