精製用溶媒

DNA/RNA の分離・精製は、逆相カラムクロマトグラフィーもしくは陰イオン交換カラムクロマトグラフィーを用いるのが一般的です。移動用の溶液には、凍結乾燥中に昇華して除去しやすいトリエチルアミンの酢酸塩(TEAA)を用います。また、トリフルオロ酢酸の水溶液を流すことにより DMTr 基(ジメトキシトリチル基)の除去が可能です。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。