トリアジン系縮合剤

アミドやエステル結合を構築するための最も一般的な方法は、カルボン酸の活性化を伴う脱水縮合反応です。通常、反応性や経済性の観点から、縮合剤としてカルボジイミド(WSC、DCC)が汎用されていますが、これらはアレルギー誘発性や副生成物の除去などの改良されるべき問題点がありました。

ここに紹介する新規なトリアジン系縮合剤(DMT-MM)は、従来から汎用されている縮合剤(WSC、DCC)の反応条件で使用が可能な他、水やプロトン性溶媒中でも使用することができます。

特長

  • エステル化、アミド化、ペプチドの合成に適している
  • アミド化の際は反応溶媒に水やメタノールなどの低分子アルコールを用いることが可能
  • DMT-MMを用いた反応は塩基を加える必要がない
  • 副生成物は水溶性であり、水の洗浄で容易に除去が可能1)

アプリケーション

アルコール中でのアミド合成

Run Condensing agent Solvent Amide(3)a Estera(%) Amide/Ester
1 DMT-MM MeOH 98 1.0(R=Me) 98
2 DMT-MM EtOH 99 0.7(R=Et) 141
3 DMT-MM i-PrOH 96 0.7(R=i-Pr) 137
4 DCC MeOH 27b 7.0(R=Me) 4
5 EDC MeOH 53 16.0(R=Me) 3.3

*a:Isolated yield
*b:N-Acylurea was isolated in 21%

参考文献
  1. Kunishima, M., Kawachi, C., Morita, J., Terao, K., Iwasaki, F. and Tani, S. : Tetrahedron, 55, 13159 (1999).
  2. M. Kunishima, C. Kawachi, K. Hioki, K. Terao, S. Tani : Tetrahedron, 57, 1551(2001).
  3. 国嶋崇隆:和光純薬時報, 72 (2) 8, (2004).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。