セミナー・展示

セミナー 培養

ヒト iPS 細胞由来心筋細胞の創薬応用 webinar
~心収縮の課題に対するヒト iPS 細胞由来心筋細胞からのアプローチ~

日時 2020年8月28日(金) 14:00-15:05 ウェビナーにて開催

ヒト iPS 細胞由来心筋細胞の創薬応用は、催不整脈性評価において ICHS7B ガイドラインQ&A に向けた国際バリデーション試験に用いられるなど、確実に前進している状況です。

さらに近年では、心臓収縮に対する化合物の毒性や有効性の検証に活用すべく、生体心臓の収縮をヒト iPS 細胞由来心筋細胞を用いてin vitro で再現する研究が活発化しており、課題も見えてきました。

そこで、富士フイルム和光純薬株式会社主催の本セミナーでは、

  • 東京大学大学院薬学系研究科化学物質安全性評価システム構築社会連携講座 澤田 光平 客員教授と
  • アステラス製薬株式会社安全性研究所安全性評価研究室 上総 勝之 主管研究員

をお招きして、心収縮性の評価系をとりまく現状と in vitro での定量における課題をレビューいただき、その課題に対するソリューションとしてのヒト iPS 細胞由来心筋細胞の可能性について、実施例 (アプローチ) を交えご講演いただきます。ぜひご参加ください。

開催概要

日時
2020年 8月28日(金) 14:00~15:05
開催方法
ウェビナーにて開催
(ウェビナーとはWebを利用したオンラインによるセミナーのことです。)
受講費
無料
参加申込み
こちらよりお申し込みください。
(セミナー配信会社のホームページへ移動します。)

スケジュール

14:00~14:05
開会の挨拶
14:05~14:35
生体心筋組織の生理的、薬理的応答を再現したiPSC 心筋細胞収縮評価モデル構築の試み
【講師:東京大学大学院薬学系研究科化学物質安全性評価システム構築社会連携講座 澤田 光平 客員教授】
要旨はこちら
14:35~15:00
ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた、創薬における総合的な心毒性リスク評価
【講師:アステラス製薬株式会社安全性研究所安全性評価研究室 上総 勝之 主管研究員】
要旨はこちら
15:00~15:05
閉会の挨拶