カートに追加しました

比較表に追加しました

Nα-FMOC-N im-トリチル-L-ヒスチジン Nα-FMOC-N im-trityl-L-histidine

ペプチド合成用
for Peptide Synthesis
規格含量 :
98.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
109425-51-6
分子式 :
C40H33N3O4
分子量 :
619.71
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
061-02731
JAN
4987481268395
1g
販売終了
販売元
067-02733
JAN
4987481268401
5g
希望納入価格
12,000 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈タンパク質工学用試薬〉〈ペプチド合成試薬・酵素〉
ペプチド合成は、医薬品工業、食品化学工業、基礎生化学などの分野で、ペプチドの構造確認、機能解明、物性研究のための材料提供や、貴重なペプチドの大量合成および天然物より優れた類似体の創作を目的に幅広く行われています。
〈Fmoc-アミノ酸〉
Carpinoらの開発したFmoc基は、酸に安定ですが、温和な塩基処理によって除去することができます。温和な塩基による保護基の除去は操作性に優れ、また、Fmoc-アミノ酸は分子量が大きいため、少量の計量が可能です。

和光試薬時報Vol.59 No2 p.16(1991)。
用途 ペプチドを合成する際の原料。

物性情報

外観 白色~わずかにうすい褐色, 結晶性粉末~粉末
溶解性 N,N-ジメチルホルムアミドに溶ける。
融点 〜145℃ (dec.)
比旋光度 +86.0 °(D/25)(c=5%inCHCl3)

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。