カートに追加しました

比較表に追加しました

ジフェニルフェナントロリン NNC パラジウム 【DPP-NNC Pd】 Diphenyl Phenanthroline NNC Palladium [DPP-NNC Pd]

有機合成用
for Organic Synthesis
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
1499115-56-8
分子式 :
C24H15ClN2Pd
分子量 :
473.26
適用法令 :
安衛法57条・有害物表示対象物質 労57-2
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
044-34351
JAN
4548995061621
100mg
希望納入価格
10,000 円

13

販売元
040-34353
JAN
4548995061638
500mg
希望納入価格
30,000 円

12

ドキュメント

SDS
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

ppm オーダーのアリル位アリール化反応

基質一般性

種々の溶媒に対する反応性

よう化アリールを基質としたMizoriki–Heck 反応

DPP-NNC Pd (1 mol ppm, 1.0 × 10–6 mmol), 2 (1.0 mmol), 3 (1.2 mmol), nBu3N (1.2 mmol), NMP (1.0 mL), 140 °C, 15 h. The yields refer to isolated products.[a] DPP-NNC Pd (10 mol ppm, 1.0 × 10–5 mmol). [b] NaOAc (1.5 mmol) was used instead of nBu3N. [c] Containing 9% of the α-arylated product.

10 gスケールのMizoriki–Heck 反応

参考文献

  1. Hamasaka, G., Sakurai, F, and Uozumi, Y.: Chem. Commun., 51, 3886 (2015).
  2. 浜坂剛:和光純薬時報, 85, 2 (2017).
  3. Hamasaka, G., Ichii, S. and Uozumi, Y.: Adv. Synth. Catal., 360, 1833 (2018).

概要・使用例

概要 本品は、分子科学研究所 魚住先生等が開発したピンサー型パラジウム触媒です。
Tsuji-Trost反応などに使用する事ができます。触媒使用量は「mol ppm」オーダーで反応が進行する超高活性なカップリング触媒です。

物性情報

製造元情報

別名一覧

  • DPP-NNC Pd
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。