カートに追加しました

比較表に追加しました

(ジメチルフェニルシリル)ボロン酸ピナコールエステル (Dimethylphenylsilyl)boronic Acid Pinacol Ester

有機合成用
for Organic Synthesis
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
185990-03-8
分子式 :
C14H23BO2Si
分子量 :
262.23
適用法令 :
PRTR-1 危4-3(非水溶性)-III
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
049-33941
JAN
4548995047861
1g
希望納入価格
8,400 円

17

販売元
045-33943
JAN
4548995047878
5g
希望納入価格
28,000 円

20以上

ドキュメント

SDS
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

反応例

種々のアリールブロミドを用いたホウ素化反応

アルコキシ基を有する基質でのホウ素化反応

アルキルブロミドを用いたホウ素化反応

炭素-炭素二重結合へのシリルホウ素化

炭素-炭素三重結合へのシリルホウ素化

シリルホウ素化を経由するsyn-ホモアリルアルコールの合成

参考文献
  1. Yamamoto, E., Izumi, K., Horita, Y. and Ito, H.: J. Am. Chem. Soc., 134, 19997 (2012).
  2. 特願 2014-095207.
  3. Ito, H., Horita, Y. and Yamamoto, E.: Chem. Commun., 48, 8006 (2012).
  4. Gryparis, C. and Stratakis, M.: Org. Lett., 16, 1430 (2014).
  5. Miura, T., Nishida, Y. and Murakami, M.: J. Am. Chem. Soc., 136, 6223 (2014).

概要・使用例

概要 本品は、ハロゲン化アリールからボロン酸ピナコールエステルを調製するための試薬です。
本反応は、パラジウムなどの遷移金属触媒を用いることなく、塩基性条件下で反応が進行します。

参考文献
・Yamamoto, E., Izumi, K., Horita, Y. and Ito, H.: J. Am. Chem. Soc., 134, 19997 (2012).
使用上の注意 アルゴン封入

物性情報

外観 無色~うすい黄褐色, 澄明~わずかな微濁の液体

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。