カートに追加しました

比較表に追加しました

ビス(ピナコラート)ジボロン Bis(pinacolato)diboron

規格含量 :
97+% (NMR)
製造元 :
富士フイルムワコーケミカル(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
73183-34-3
分子式 :
C12H24B2O4
分子量 :
253.94
適用法令 :
PRTR-1
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
327-56971
製造元
327-56971
JAN
4987481720848
1g
希望納入価格
4,500 円

3

販売元
323-56973
製造元
323-56973
JAN
4987481720855
5g
希望納入価格
6,500 円

20以上

販売元
325-56972
製造元
325-56972
JAN
4987481760226
25g
希望納入価格
27,000 円

20以上

販売元
321-56974
製造元
321-56974
JAN
4987481999701
100g
希望納入価格
65,000 円

17

販売元
329-56975
製造元
329-56975
JAN
4987481999718
500g
見積り

4

ドキュメント

SDS
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

概要・使用例

概要 ジボロンエステルの一つ。ジボロンエステルは、有機トリフラートやハロゲン化合物と反応して対応するボロン酸エステルを生成し、その後簡単にアリールボロン酸に変換できます。
Wako Organic Square No.12,p12(Mar.2004)。
鈴木- 宮浦カップリングなどに
本品は、鈴木- 宮浦カップリングなどに使用されるボロン酸ピナコールエステル(Bpin)を導入する試薬です。これまでは、有機トリフラートやハロゲン化合物を基に、対応するボロン酸エステルを合成していましたが、近年では、Silica-SMAP などの特殊な配位子を用いることで、直接的なC-H ほう素化反応も可能です。
(和光純薬時報 Vol.83, No.3(2015), p21)
用途 有機合成原料。
使用上の注意 アルゴン封入

物性情報

外観 白色~うすい黄色、結晶~結晶性粉末
融点 137〜140℃

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。