カートに追加しました

比較表に追加しました

フロイント,インコンプリート,アジュバント Freund's Incomplete Adjuvant

免疫化学用
for Immunochemistry
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
適用法令 :
安衛法57条・有害物表示対象物質 危4-4(非水溶性)-III 労57-2
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
011-09551
JAN
4987481206595
10mL×5A
希望納入価格
18,200 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈免疫研究用試薬〉〈アジュバント・キャリアタンパク〉〈アジュバント〉
 Freundアジュバントは、抗体産生を強める目的でよく用いられる。等量の抗原溶液またはサスペンジョンと界面活性剤-鉱物油混合物を混ぜ合わせて、安定な油中水(water in oil)型のエマルジョンをつくらせる。
 Freundアジュバントには、不完全型(マイコバクテリアを含まないもの)と完全型(マイコバクテリアを含むもの)とがある。
 完全型アジュバントを使う場合は、沈んでいるマイコバクテリアを再浮遊させてから使用する。
 免疫を行う場合に、抗原物質を単独でなく、ある物質を添加し混合物として注射すると、抗体の産生や遅延型過敏症のような細胞性免疫の成立がいちじるしく促進されることがある。
 このように抗原と混合して免疫した場合に、宿主の抗体産生などの免疫応答を増強する効果のある物質は免疫助成剤(Immunologic Adjuvant)と呼ばれている。
 アジュバントを用いた免疫では、一般に抗原を単独で用いた場合に比べ、抗体の産生量がはるかに高く、また産生期間が持続するなどの利点がある。
WAKO BIO WINDOW No.17,p8(1999)。和光純薬時報 Vol.63 No.2 p.25(1995)。
用途 免疫増強剤。

物性情報

外観 うすい黄褐色〜黄褐色, 液体
引火点 None
組成 10ml中 流動パラフィン 8.5ml, スパン80 1.5mlを含有

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。