ニュース

新製品情報

合成・材料分析ライフサイエンス

今月の新製品 -2019年01月-

2019年1月に発売しました新製品をご紹介いたします。


リンク関係

細胞培養用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
015-27651 アルブミン, ヒト, 酵母発現組換え体 細胞培養用 1g 35,000
ヒト由来のアルブミンを酵母で発現し精製したものです。
製造工程中で動物由来原料の使用はないため、動物に起因するウイルス混入のリスクを低減させた製品です。培地添加用途として、特に間葉系幹細胞の培養に適しています。

機能性有機材料用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
155-03521 オリゴマーイオン液体 OIL2PF6 機能性有機材料用 5g 25,000
152-03531 オリゴマーイオン液体 OIL4PF6 機能性有機材料用 5g 60,000
159-03541 オリゴマーイオン液体 OIL4TFSI 機能性有機材料用 5g 60,000
東京大学の相田卓三教授の研究グループが開発した新規なイオン液体です。イオン液体とマイクロ波の組み合わせを用いることで、グラファイトからグラフェンを製造することが可能です。
参考文献:Aida, T. et al. : Nature Chemistry., B, 730 (2015)

核酸合成用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
125-06801 架橋型核酸-T-シアノエチルホスホロアミダイト(異性体混合物) 核酸合成用 1g 30,000
架橋型人工核酸(Locked Nucleic Acid)です。
ヌクレアーゼ(核酸分解酵素)耐性を示すため核酸医薬品への応用が期待されます。
154-03513 酸化溶液 [よう素溶液(約0.05mol/L)][ピリジン:水(9:1)] 核酸合成用 100mL 6,000
核酸合成に使用する酸化溶液です。
よう素含量は約0.05mol/Lで組成比はピリジン:水=9:1(v:v)です。

原子吸光分析用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
079-06731 ゲルマニウム標準液 (Ge 1000) 原子吸光分析用 100mL 3,800
容器をリニューアルしました。
従来品(077-02131)は茶色ポリ容器でしたが、本品は白色ポリ容器を採用致しております。容器以外(容量、組成、液性)は変更ありません。
076-06741 金標準液 (Au 1000) 原子吸光分析用 100mL 4,700
容器をリニューアルしました。
従来品(077-01771)は茶色ポリ容器でしたが、本品は白色ポリ容器を採用致しております。容器以外(容量、組成、液性)は変更ありません。

残留農薬試験用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
200-11373 チウラム標準品 残留農薬試験用 100mg 5,000
029-12623 ベンスルフロンメチル標準品 残留農薬試験用 100mg 25,000
残留農薬試験用標準品です。

食品添加物試験用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
188-03411 ルチン標準品 食品添加物試験用 1g 16,000
食品添加物公定書第9版 試薬・試液 「ルチン、定量用」としてご使用頂けます。

RoHSⅡ対応用

コードNo. 品 名 規 格 容 量 希望納入価格(円)
240-00985 キシレン RoHSⅡ対応用 500mL 1,900
2019年7月より可塑剤として広く使用されているフタル酸エステル類4種類がRoHS指令の規制対象に追加されました。本品は規制対象の10物質に対応しています。
RoHS指令規制対象10物質:カドミウム、クロム、水銀、鉛、PBB、PBDE、DEHP(フタル酸ビス(2-エチルヘキシル))、BBP(フタル酸ベンジルブチル)、DBP(フタル酸ジ-n-ブチル)、DIBP(フタル酸ジイソブチル)

掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。製品コードをクリックすると製品情報ページにリンクしますので、現在の価格、在庫はそちらからご確認下さい。