遺伝子解析: ORNi-PCR

ORNi-PCR(オリゴリボヌクレオチド阻害PCR)

株式会社Epigeneron

株式会社Epigeneronが保有するORNi-PCR®は「ブロッキングPCR」のひとつで、短い合成オリゴ(ORN=オリゴリボヌクレオチド)を利用し、タ-ゲット鋳型の増幅を抑える技術であり、「感度や特異度の向上」「分析検体の濃縮」「検体中のノイズ除去」等に応用が可能です。

がん研究ツール総合パンフレット 今すぐカタログをダウンロードする

特徴

  • シンプルな技術で、各種測定系への応用が容易
  • タ-ゲットへの結合の確実性も高く結合のコントロ-ルもしやすい
  • 末端修飾なども必要なく、比較的安価

図1 ORNi-PCRイメージ図

ゲノム編集後の確認

使用例

Sci. Rep. (2018) 8, 17195

図2 ゲノム編集後での使用例及び結果

制限酵素より高感度に、シ-ケンスより簡単に!

その他用途

  • リキッドバイオプシ-など検出感度が必要な時
    異型遺伝子をより確実に検出するために、検体中のMajorityである野生型をORNで増幅阻害
  • 食性解析など、ホスト由来DNA除去など必要な時
    検体中のノイズを除去しより確実なタ-ゲット検出
  • 一塩基多型の検出時
    SARS-CoV-2ウイルス D614型/G614型 サブタイプ判別例

D614型 又は G614型に相補的に結合するORNを添加しPCR

Epigeneron社内デ-タ
2020日本分子生物学会発表

図3 SARS-CoV2の一塩基多型を検出

納品物/価格

【納品物】

  • 合成ORN(HPLCグレード)
  • 机上案プロトコール
  • 机上案プロトコールの検証(オプション)
  • 容量(PCR反応:約500回分)
  • 納期:受注後2週間程度

【価格】

  • ORN合成費    ¥100,000円(税抜)
  • デザイン費     ¥20,000円(税抜)
  • プロトコールの検証 ¥300,000円(税抜)

*デザイン済みORNはORN説明書に記載されていますので、ご確認ください。

その他デザイン、プロトコール検証等、Web面談でご相談承ります。お問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お見積り・ご注文について

ご依頼方法

下記のお見積り・ご注文フォームに必要事項をご記入の上ご連絡ください。

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。

受託サービスに関するお問合せ先

お問合せ窓口