精製・分析

反応終了後の反応液は多くの場合、少量の未反応原料や副生成物を含むため、これらの不要な成分を除去して目的物を単離する精製工程を組み込みます。これらのモニタリングとして簡易的なTLC分析も併用していきます。ごく一般的な精製法がカラムクロマトグラフィーであり、固定相への相互作用のしやすさ(極性の差)などによって各成分を分離します。また、金属触媒を簡便に除去したい場合はスカベンジャーによる除去も有効な手段です。目的物が水溶性の場合にはイオン交換樹脂も活用できます。目的物が少量(例えばmgオーダー)の場合には、分取薄層クロマトグラフィー(PTLC)によって確実に分離する方法も選択肢に入ります。
当社ではこれらの用途でご使用いただける製品を取り揃えております。