様々な用途に使える、高精度PDMSシート

朝日ラバー 超薄膜高透明PDMSシート

朝日ラバー独自の無溶剤製法で作製した、毒性が低いシートです。 他にない超薄膜のシートをご提供いたします。

特長

  • 透明度が高く、また超薄膜にすることにより、高い酸素透過性があります。
  • 柔軟性に優れ、微細な加工を施すこともできます。
  • 細胞培養や医療、分析機器など、様々な用途でお使いいただけます。

標準仕様

メーカーコード 厚み 長さ 包装単位 PET保護フィルム
ARFS-5030G 30 μm ± 10 μm 250 mm 2枚 両面
ARFS-5030R 10 m 1巻 片面のみ
ARFS-5050C 50 μm ± 15 μm 250 mm 2枚 両面
ARFS-5050R 10 m 1巻 片面のみ
ARFS-5075C 75 μm ± 15 μm 250 mm 2枚 両面
ARFS-5075R 10 m 1巻 片面のみ

※ 有効幅は150 mm、透過率は94 %です。
※ 平成24年 薬食機発0301第20号医療機器の生物学的安全性試験法のコロニー形成阻害試験において、細胞毒性は認められませんでした。

各種試験結果

アプリケーション

ラット肝細胞スフェロイドと酸素環境の関係性

AR超薄膜シリコーンシート(ARFS-5075C)を用いて、酸素環境に対するラット肝細胞スフェロイドの応答性を評価。

■ シリコーン型スフェロイド培養デバイス

  • マイクロウェル底面がアクリル板からなる「PMMAチップ」とシリコーンシート(朝日ラバー社製ARFS-5075C)からなる「SRチップ」を作製
  • SRチップはPMMAチップ(従来の一般的なスフェロイドチップ)に比べ、酸素供給能が約22倍も向上

■ シリコーン型培養チップを用いたラット肝細胞の特徴

  • SRチップで培養した肝細胞スフェロイドは、内部の低酸素環境が改善され、細胞の生存性が向上
  • 良好な酸素環境の提供によって、肝細胞スフェロイド内の細胞内シグナルや機能発現が活性化

参考文献

1)冨永菜央,中澤浩二:肝細胞スフェロイドの酸素応答性,化学工学会第52回秋季大会要旨集,PB288,2021.
2)冨永菜央,中澤浩二:肝細胞スフェロイド特性と酸素環境の関係性,日本動物実験代替法学会第34回大会要旨集,202,2021.
3)冨永菜央,中澤浩二:シリコーン型スフェロイド培養デバイスを用いた肝細胞培養,第43回日本バイオマテリアル学会大会要旨集,JP3-04,2021.

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。