ショッテン・バウマン反応

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。
Chem-Stationについて

反応式

酸ハライドにアルコールもしくはアミンを作用させて、エステルもしくはアミドを得る反応です。塩基としてアミンではなく、水酸化ナトリウムなどの塩基水溶液を用いる二層系条件を、特にSchotten-Baumann反応と呼びます。

反応機構

基本文献

  1. Schotten, C. : Ber., 17, 2544 (1884).
  2. Baumann, E. : Ber., 19, 3218 (1886).
  3. Sonntag, N. O. V. : Chem. Rev., 52, 237 (1953). DOI: 10.1021/cr60162a001

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。