キッコーマンバイオケミファ 醸造分析キットシリーズ

醸造のメカニズムを知り尽くしたキッコーマンから生まれた、清酒用米麹の醸造状態を高感度に分析可能なキットシリーズです。対応した製品をご利用いただくことで、α-アミラーゼ活性、酸性カルボキシペプチダーゼ活性、糖化力を測定することができます。

所定法の分析に比べ、簡単かつ短時間に測定が可能です。

α-アミラーゼ測定キット

  • 米麹のα-アミラーゼ活性を短時間に精度良く、簡単に測定が可能
  • 試料中のグルコースやグルコアミラーゼなどの影響を受けない
  • 液状試薬でそのまま使用可能

原理

基質のN3-G5-β-CNPは、米麹抽出液中のα-アミラーゼによって分解され、G3-β-CNPとG2-β-CNPを生じます。これらは共役酵素として添加したグルコアミラーゼとβ-グルコシダーゼによってさらに分解され、発色基のCNPが生じます。炭酸ナトリウムを加えることにより反応停止しますが、同時に反応液がアルカリ性となり、CNPを黄色に発色させます。これを波長400 nmで吸光度を測定することにより、α-アミラーゼ活性を求めます。

N3-G5-β-CNP :2-クロロ-4-ニトロフェニル65-アジド-65-デオキシ-β-マルトペンタオキシド
G3-β-CNP :2-クロロ-4-ニトロフェニル-β-マルトトリオシド
G2-β-CNP :2-クロロ-4-ニトロフェニル-β-マルトシド
CNP :2-クロロ-4-ニトロフェノール

測定例

清酒醸造用米麹抽出液の透析液を試料とした、本法と所定法の測定結果の比較

酸性カルボキシペプチダーゼ測定キット

  • 米麹中の酸性カルボキシペプチダーゼを合成基質に反応させ、遊離したL-アラニンを酵素法で定量することにより、酸性カルボキシペプチダーゼの活性を測定
  • 試料を透析する必要がなく、活性を簡単かつ短時間に測定
  • もろみ中の活性も測定可能
  • 液状試薬でそのまま使用可能

原理

基質のCbz-Tyr-Alaは、酸性カルボキシペプチダーゼによって分解され、L- Alaを生じます。この反応は、トリス緩衝液を加えることにより停止します。次に、生成したL-AlaはNAD+の存在下でアラニンデヒドロゲナーゼを添加することによって特異的に分解され、NADHが生じます。生成されたNADHを、テトラゾリウム塩およびPMSで発色させます。これを波長460 nmで吸光度を測定することにより、酸性カルボキシペプチダーゼ活性を求めます。

Cbz-Tyr-Ala :カルボベンゾキシ-L-チロシル-L-アラニン
Cbz-Tyr :カルボベンゾキシ-L-チロシル
L-Ala :L-アラニン
PMS :1-メトキシ-5-メチルフェナジニウム メトサルフェイト

測定例

清酒醸造用米麹抽出液の透析液を試料とした、本法と所定法の測定結果の比較

糖化力測定キット・糖化力分別定量キット

糖化力測定キット

  • 米麹の糖化力 (グルコース生成力=グルコアミラーゼ活性+α-グルコシダーゼ活性) を簡単に測定
  • 試料中のグルコースやα‐アミラーゼの影響を受けないため、米麹抽出液を透析する必要がない
  • もろみ中の活性も測定可能
  • 液状試薬でそのまま使用可能

糖化力分別定量キット

  • 米麹のグルコアミラーゼ活性とα‐グルコシダーゼ活性を簡単に分別定量
  • 試料中のグルコースやα‐アミラーゼの影響を受けないため、米麹抽出液を透析する必要がない
  • 液状試薬でそのまま使用可能

原理

糖化力の測定

基質のG2-β-PNPは、グルコアミラーゼおよびα-グルコシダーゼによって分解され、G1-β-PNPを生じます。G1-β-PNPは共役酵素として添加されたβ-グルコシダーゼによってさらに分解され、PNPが生じます。炭酸ナトリウムを加えることにより反応停止しますが、同時に反応液がアルカリ性となり、PNPの発色が最大になります。これを波長400 nmで吸光度を測定することにより、糖化力を求めます。

α-グルコシダーゼ活性の測定

PNPGを基質として米麹抽出液を作用させると、米麹抽出液に含まれるα-グルコシダーゼのみが作用してPNPが遊離します。糖化力と同様にして吸光度を測定することにより、α-グルコシダーゼ活性を求めます。

  • G2-β-PNP :4-ニトロフェニル-β-マルトシド
    G1-β-PNP :4-ニトロフェニル-β-グルコシド
    PNP :4-ニトロフェノール
    PNPG :4-ニトロフェニル-α-グルコシド

グルコアミラーゼとα-グルコシダーゼの分別定量

G2-β-PNPとPNPGをそれぞれ基質とし、試料を作用させて得られた吸光度の測定値をキットの説明書に記載された式に代入することで、グルコアミラーゼ活性とα-グルコシダーゼ活性を求めます。

測定例

清酒醸造用米麹抽出液の透析液を試料とした、本法と所定法の測定結果の比較

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。