iCell® DDP(パーキンソン病モデル)

iCell® DDP (パーキンソン病モデル) の製品群は、 iCell® ドーパミン神経細胞 (SNCA A53T) -01279、 iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344 および iCell®ドーパミン神経細胞 (LRRK2 G2019S) -11299 の三種類のパーキンソン病モデル細胞からなります。
iCell® ドーパミン神経細胞 (SNCA A53T) -01279 は、健常者由来 iPS 細胞において、アルファシヌクレイン (α-syn) 遺伝子の 53 残基のアラニンがトレオニンのヘテロ変異 (A53T) を導入後、ドーパミン神経細胞に分化した "engineered" パーキンソン病モデル細胞です。さらに、iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344 および (LRRK2 G2019S) -11299 は、これらの変異を持ったパーキンソン病患者由来 iPS 細胞から、ドーパミン神経細胞に分化した "innate" パーキンソン病モデル細胞です。
疾患メカニズムの解明から、標的分子の同定、医薬品候補物質のスクリーニング、薬効評価、安全性試験といった創薬研究におけるさまざまなステージでご利用いただけます。

ドナー情報

iCell DopaNeurons
SNCA A53T HZ-01279
iCell DopaNeurons
LRRK2 G2019S -11299
iCell DopaNeurons
GBA N370S -11344
性別 男性 男性 男性
年齢層 50-59歳 50-59歳 60-69歳
民族性 Caucasian Caucasian Caucasian
組織起源 PBMC PBMC PBMC
遺伝子変異 SNCA (A53T) LRRK2 (G2019S) GBA (N370S)
リプログラミング法 エピソーマルベクター エピソーマルベクター エピソーマルベクター
病態モデル作製法 Genetic Engineering Innate Innate

iCell® ドーパミン神経細胞 (SNCA A53T) -01279について

SNCA 遺伝子の A53T 変異は、パーキンソン病 (PD) に関連する遺伝子変異のうち PD 発症率が高くまた広く研究されている遺伝子変異です。SNCA 遺伝子は、主に脳のシナプス前終末で発現する α-シヌクレイン (α-syn) タンパク質をエンコードし、その A53T 変異は、α-syn を PD 病理の特徴的な指標である凝集体の形成と蓄積を引き起こします。

健常人iPS細胞由来ドーパミン神経細胞である iCell® DopaNeurons と同じ遺伝背景を持った01279 iPS 細胞株の SNCA 遺伝子に A53T ヘテロ変異を導入後、ドーパミン神経細胞に分化した iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279を作製しました。

qPCR 法により iCell® DopaNeurons に対し、iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279 の TH (tyrosine hydroxylase) および DDC (dopa decarboxylase) 遺伝子発現の減少と COMT (catechol-O-methyltransferase) の遺伝子発現の増加が明らかになり、iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279 における DA (dopamine) の生合成レベルの低下が示唆されます。

iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279における、α-シヌクレイン 陽性シグナルは iCell® DopaNeurons よりも強く認められます。

XFミトストレステストによるミトコンドリア機能評価

WT (iCell® DopaNeurons) および A53T (iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279) 細胞の生体エネルギー分析の比較において、酸化的リン酸化脱共役剤である FCCP (carbonyl cyanide 4-(trifluoromethoxy)phenylhydrazoneと最大呼吸能力への応答が A53T 変異細胞で大きいことを示しています。

MEAによる計測

MEA (multi electrode array) において、iCell® DopaNeurons および iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279 の両細胞は、活発な自発発火と同期バーストを示します。 iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279 細胞では、同期バーストの頻度が少なくなりますが、バーストの強度は約5倍大きくなります。

自発 Ca オシレーションの比較

培養の初期 (7日目) の A53T (iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279) 細胞における自発 Ca オシレーション波形は、iCell® DopaNeurons とは大きく異なる振幅と頻度を示します。

iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344 および (LRRK2 G2019S) -11299 について

GBA N370S および LRRK2 G2019S について

Glucosylceramidase (GBA)遺伝子変異はパーキンソン病の強いリスク因子であり、なかでも、GBA N370S 変異はメジャーな変異であることが知られています。GBA 活性とアルファシヌクレイン蓄積量に負の相関が認められます。Leucine rich-repeat kinase 2 (LRRK2) 遺伝子変異は家族性パーキンソン病の責任遺伝子において最も高頻度で認められ、LRRK2 G2019S 変異のパーキンソン病患者脳において、リン酸化タウによる病変が報告されています。

これらの変異を持ったパーキンソン病患者由来 iPS 細胞から、iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344 および (LRRK2 G2019S) -11299 を作製しました。

iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344 および (LRRK2 G2019S) -11299 の細胞性状

コントロールの健常者 iPS 細胞由来ドーパミン神経細胞と比較して、 iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344、(LRRK2 G2019S) -11299 および (SCNA A53T) -01279 は、 GBA 活性の低下 (A)、α-シヌクレインタンパク質の蓄積の増加 (B)、および電気生理学的アクテビティの減少 (C) を示した。

ドキュメント

  • iCell®ドーパミン神経細胞
    (SNCA A53T) -01279


  • iCell® 神経用基礎培地
  • iCell® 神経用サプリメント B
  • iCell® 神経系サプリメント

専用培地

製品コード メーカーコード 品名 容量 コントロール細胞
上段:製品コード
下段:メーカーコード
iCell® DopaNeurons (SNCA A53T) 01279 株
553-34791 C1112 iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279 1M Cells
1M iCell® ドーパミン神経細胞 (SNCA A53T) -01279
≥1.0 x 106 cells/vial 551-33511
C1087
556-34801 C1113 iCell® DopaNeurons SNCA A53T HZ, 01279 5M Cells
5M iCell® ドーパミン神経細胞 (SNCA A53T) -01279
≥5.0 x 106 cells/vial 551-33371
C1028
iCell® DopaNeurons (GBA N370S) 11344 株
559-41981 C1147 iCell® DopaNeurons (GBA N370S) 11344 1M Cells
1M iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344
≥1.0 x 106 cells/vial 551-33511
C1087
556-41991 C1148 iCell® DopaNeurons (GBA N370S) 11344 5M Cells
5M iCell® ドーパミン神経細胞 (GBA N370S) -11344
≥5.0 x 106 cells/vial 551-33371
C1028
iCell® DopaNeurons (LRRK2 G2019S) 11299 株
553-42001 C1149 iCell® DopaNeurons (LRRK2 G2019S) 11299 1M Cells
1M iCell® ドーパミン神経細胞 (LRRK2 G2019S) -11299
≥1.0 x 106 cells/vial 551-33511
C1087
550-42011 C1150 iCell® DopaNeurons (LRRK2 G2019S) 11299 5M Cells
5M iCell® ドーパミン神経細胞 (LRRK2 G2019S) -11299
≥5.0 x 106 cells/vial 551-33371
C1028
550-33601 M1010 iCell® Neural Base Medium 1 100mL
iCell® 神経用基礎培地
100 mL
551-33631 M1029 iCell® Neural Supplement B 2mL
iCell® 神経用サプリメント B
2 mL
558-33641 M1031 iCell® Nervous System Supplement 1mL
iCell® 神経系サプリメント
1 mL

培地およびサプリメントはコントロール細胞と共通です。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている製品について
    【試薬】
    試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
    試験研究用以外にご使用された場合、いかなる保証も致しかねます。試験研究用以外の用途や原料にご使用希望の場合、弊社営業部門にお問合せください。
    【医薬品原料】
    製造専用医薬品及び医薬品添加物などを医薬品等の製造原料として製造業者向けに販売しています。製造専用医薬品(製品名に製造専用の表示があるもの)のご購入には、確認書が必要です。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。