R&D Systems社 バイオシミラー抗体

R&D Systemsでは、研究用のバイオシミラー抗体を提供しています。これらのバイオシミラー抗体は、抗イディオタイプ抗体のコントロールとして使用できるように設計されています。本シリーズの抗体は、オリジナルの抗体医薬品と同じ配列を用いて組み換え発現されています。

Bridging Assay

バイオシミラー抗体は抗イディオタイプ抗体とのBridging Assay に用いられます。下記の図1では、抗リツキシマブ(抗イディオタイプ)抗体をプレートにコーティングして、リツキシマブバイオシミラー抗体を補足しています。次に、ビオチン化抗リツキシマブ(抗イディオタイプ)抗体を使用して、リツキシマブバイオシミラー抗体を検出し、ストレプトアビジンHRPで検出しています。

  • 図1. Bridging Assayのイメージ
  • 図2. Bridging Assayを用いたリツキシマブバイオシミラー抗体の検出

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

バイオシミラー抗体

抗イディオタイプ抗体

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。