短時間で見る生細胞の細胞周期

同仁化学 細胞周期測定試薬

細胞周期の制御機構は、細胞増殖と密接に関与しており、ひとつの細胞が二つの娘細胞を生み出す細胞分裂は細胞周期を介して起こります。細胞周期の測定方法として、DNA を染色し、フローサイトメーターで測定することで細胞周期の各期の割合を解析することが可能です。細胞周期は大きく間期とM 期に分けられ、間期は細胞分裂の前に起こるDNAの合成準備期であるG1期、DNAの合成・複製期であるS期、ひとつの細胞内に2 組の染色体が形成されるG2 期に分けられます。M 期では有糸分裂と細胞質分裂が起こります。

細胞周期の進行はサイクリンとサイクリン依存性キナーゼによって行われ、抗がん剤等の作用を確認するには細胞周期チェックポイントの機構を解析することが重要です。

特長

  • 細胞の固定化、RNase 処理が不要、試薬を添加するだけ

測定の手間を大幅に削減

フローサイトメーターでの細胞周期測定で一般的に使用されるPropidium Iodide (PI) を用いた手法と比較して、本製品は細胞膜透過性があり、かつDNA 選択性が高い色素を使用しているため、細胞懸濁液に試薬を添加するだけで測定が可能です。また、405 nm のレーザーで測定可能なため、汎用性の高い488 nm のレーザーを用いた実験と併用することが可能です。

生細胞の細胞周期を明確に判別することが可能

CHO 細胞を用い、本製品にて生細胞を染色した後、フローサイトメーターで測定しました。また、汎用されているPI 法と既存の細胞周期測定試薬(製品A-D の4 種) を用いて同様の実験を行った。下図に示すように本製品で測定した結果はPI と同等であり、他の4 製品と比べて生細胞においてもシャープなヒストグラムが得られた。

測定例

細胞周期のG2/M 期に作用して細胞増殖を停止させ、細胞老化を誘導することが知られているDoxorubicin(DOX) をA549 細胞へ添加後、本製品でA549 細胞における細胞周期の変化と、Cellular Senescence Detection Kit - SPiDER-βGal(製品コード:SG03)で細胞老化、JC-1 MitoMP Detection Kit (製品コード:MT09)でミトコンドリア膜電位の変化を確認した。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

老化細胞検出キット

DNAダメージ(γH2AX)検出キット

核小体染色試薬

アポトーシス検出キット

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。