同仁化学 マイトファジー検出キット

本製品はマイトファジーを検出するMtphagy Dyeとリソソームを染色するLyso Dyeで構成されており、Mtphagy Dyeは、生細胞膜を透過し細胞内のミトコンドリアに集積した後、化学結合によりミトコンドリアに固定化されますが、その状態では蛍光強度は低い状態にあります。マイトファジーが誘導されてミトコンドリアがリソソームと融合すると、酸性条件下におかれたMtphagy Dyeの蛍光強度が増大します。また、リソソーム選択的な染色色素であるLyso Dyeとの共染色により、マイトファジーを検出することが可能です。同仁化学研究所では、Mtphagy Dyeの単品での販売も行っています。

Mtphagy Dye によるmitophagy検出機構

pHによるMtphagy Dyeの蛍光強度変化

Mtphagy Dyeは、pH 4-5付近で強い蛍光を示します。

特長

  • 低分子蛍光試薬を用いてマイトファジーを簡便に検出
  • 蛍光顕微鏡による生細胞イメージングにも適用
  • 付属のリソソーム染色試薬との共染色により、マイトファジーの確認が可能
  • Mtphagy Dyeの単品購入も可能

操作

試薬添加のみの簡単操作!

準備した細胞に試薬を添加するだけの簡単な操作で蛍光イメージング実現します。

オートファジーマーカーとの比較

パーキン未発現および発現HeLa細胞にCCCP(carbonyl cyanide m-chlorophenyl hydrazone)を添加し、マイトファジーを誘導した。CCCP添加直後のパーキン未発現細胞(A)、発現株(データ非表示)およびCCCP添加18時間後のパーキン未発現細胞(B)では、Mtphagy Dyeの蛍光はみられなかった。
一方、CCCP添加18時間後のパーキン発現細胞(C)ではMtphagy Dyeの蛍光が増大し、オートファジーマーカー(GFP-LC3)のPuncta(斑点)と共局在することが確認できた。また、オートファジー阻害剤であるバフィロマイシン(baf)を添加した細胞(D)では、リソソーム内のpHが上昇するため、酸性環境下で蛍光を発するMtphagy Dyeの蛍光は消失することも確認された。

飢餓培養細胞での検出例

HeLa細胞へMtphagy Dyeを添加後、飢餓培養条件下にて6時間インキュベート。その後Lyso Dye添加により、リソソームの共染色を行った。結果、飢餓培養したHeLa細胞において、Mtphagy Dyeの蛍光の増大が見られ、その局在はリソソームの局在とも合致した。

  • 検出条件

    誘導条件:DMEM培地
         (アミノ酸不含、Pepstain A及びE-64d含有)
    フィルター
    Mtphagy Dye:561 nm(Ex)、LP 650 nm(Em)
    Lyso Dye :488 nm(Ex)、502-554 nm(Em)

その他データ・論文実績

本製品を使用した論文実績、測定データなど同仁化学研究所HPで掲載しております。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

オートファジー検出試薬

ミトコンドリア染色蛍光色素

ミトコンドリア膜電位検出キット

細胞内・ミトコンドリア内鉄検出試薬

ミトコンドリア局在型一重項酸素検出蛍光プローブ

ミトコンドリアDNA 抽出キット

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。