組織・細胞・配合飼料からのミトコンドリアDNA 抽出キット

mtDNA Extractor® CT Kit

本製品は、哺乳動物の組織および細胞より短時間にかつ簡単にミトコンドリアDNA(mtDNA)を抽出するキットです。また、配合飼料からのミトコンドリアDNA抽出にも使用できます。

特長

  • 50 〜250 mg の組織より、アガロースゲル電気泳動で確認できるmtDNAを抽出可能
  • 抽出したmtDNA はPCR や制限酵素処理に使用可能
  • 凍結組織からも抽出可能
  • フェノール、クロロホルムなどの有機溶媒が不要

原理

  1. 細胞ライセートから遠心分画でミトコンドリア画分を得る。
  2. ミトコンドリア画分に含まれてくるゲノムDNAを除くため、プラスミドDNA精製で用いられるアルカリ-SDS法でゲノムDNAをアルカリ変性・析出沈殿除去し、環状DNAであるミトコンドリアDNAを回収する。
  3. よう化ナトリウムで混入タンパク質などを可溶化し、洗浄バッファーでミトコンドリアDNAを精製する。

操作法

実験例

マウス新鮮および凍結組織からのミトコンドリアDNA抽出

  • マウスの新鮮組織から抽出したmtDNAの半量をPst I 処理し、アガロースゲル電気泳動により確認した。
  • マウスの凍結組織から抽出したmtDNAの半量をPst I 処理し、アガロースゲル電気泳動により確認した。
使用上の注意

本キットを用いて抽出したミトコンドリアDNAは微量のためGelRed™を用いて染色しなければゲル状で検出できません。臭化エチジウム染色では検出できません。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。