Baeyer-Villiger Oxidation

バイヤー・ビリガー酸化反応

ケトン→カルボン酸誘導体

ケトンを過酸で酸化してエステルに変換する反応です。非対称ケトンでは級数の高いアルキル基が酸素上に転位します。転位したアルキル基上の立体化学は保持されます。

酸性度の高い過酸のほうがBaeyer-Villiger酸化を起こしやすく、反応性はCH3COOOH< C6H5COOOH < mCPBA < p-NO2C6H4COOOH < CF3COOOHの順になりますが、取り扱いやすさ、入手しやすさの点からmCPBAが最も良く用いられます。

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。
Chem-Stationについて

反応機構

参考:J.Am. Chem. Soc., 94, 4189(1972).; J.Org. Chem., 72, 3031(2007).

反応例

1)転位する炭素の立体化学は保持される

2, 3)Baeyer-Villiger酸化は通常電子豊富な炭素から優先的に転位する

Dakin反応4)

Vilsmeier反応などで容易に調整できるベンズアルデヒド誘導体は、Baeyer-Villiger条件で酸化を受け、引き続く加水分解を経る事でフェノールへ変換できます。

Tetrodotoxinの合成における適用例5)

有機分子触媒を用いる触媒的不斉Baeyer-Villiger酸化 6)

参考文献

  1. 大学院講義有機化学II P180
  2. Lawlor, M. D., Lee, T. W. and Danheiser, R. L. : J. Org. Chem., 65, 4375 (2000). DOI:10.1021/jo000227c
  3. Hassner, A., Pinnick, H. W. and Ansell, J. M.: J. Org. Chem., 43, 1774 (1978). DOI: 10.1021/jo00403a032
  4. Dakin, H. D.: Am. Chem. J., 42, 477 (1909).
  5. Kishi, Y., Fukuyama, T., Aratani, M., Nakatsubo, F., Goto, T., Inoue, S., Tanino, H., Sugiura, S. and Kakoi, H.: J. Am. Chem. Soc., 94, 9219 (1972). DOI: 10.1021/ja00781a039
  6. Ding, K. et al.: Angew. Chem. Int. Ed., 47, 2840 (2008). DOI: 10.1002/anie.200705932

基本文献

Review

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。