広い溶菌スペクトル

アクロモペプチダーゼ®, 溶菌酵素(TBL-1)

アクロモペプチダーゼ®は、Lysobacter enzymogenes由来の溶菌酵素です。広い溶菌スペクトルを有し、卵白リゾチームより溶菌力が強く、かつ広範囲の細菌を溶解します。

また、放線菌などのプロトプラストの作製に用いることができます。

製品概要

分子量:約20,000

pH安定性:pH 6.0で最も安定、pH 5.5~10.0でほぼ安定。

熱安定性:

温度 活性
40℃以下 安定
  50℃   残存活性95%
60℃ 残存活性75%
70℃ ほとんど失活

※50mmol/Lりん酸バッファー, pH 6.0で10分間反応時

至適pH:7.5~8.5

作用最適イオン強度:10mmol/L NaCl(10mmol/L Tris-HClバッファー(pH 8.0)中)

溶菌スペクトル

微生物 溶菌活性※
TBL-1(300U/mL) 卵白リゾチーム(1,000U/mL)
Micrococcus caseolyticus +++ -
Micrococcus luteus +++ -
Pediococcus acidilactici +++ +
Staphylococcus aureus +++ ±
Microbacterium arborescens ++ +
Bacillus alvei +++ ±
Clostridium acetobutylicum +++ -
Brevibacterium leucinophagum + ±
Lactobacillus sake +++ +
Enterococcus feacalis +++ ±
Leuconostoc dextranicum ++ ±
Achromobacter liquidum + -
Nocardioides simplex + +
Beijerincka indica + ±
Micobacterium diernhoferi ± ±
Kurthia zopfii ++ +

※600nmにおける各微生物懸濁液の吸光度の減少により割り出した。+++;≧80%減少(10分以内)、++;≧80%減少(60分以内)、+;80-40%減少(60分以内)、±;40-10%減少(60分以内)、-;10-0%減少(60分以内)

参考文献

  1. Isono, M., Takahashi, K. and Yamazaki, Y. : Patent Notice, Sho46-42953.
  2. Nakamura, K., Okazawa, Y., Soejima, M. and Masaki, T. : Agric. Biol. Chem., 37, 2667(1973).
  3. Horinouchi, S., Uozumi, T., Beppu, T. and Arima, K. : Agric. Biol. Chem., 41, 2487(1977).
  4. Kotani, S. : Protein, Nucleic Acid, Enzyme, 13, 1136(1968).
  5. Kotani, S. : Protein, Nucleic Acid, Enzyme, 14, 38(1969).

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。