脂肪滴が鮮やかに染まる

同仁化学 脂肪滴染色蛍光試薬 Lipi series(Blue,Green,Red)

Lipiシリーズは、脂肪親和性の高い低分子蛍光試薬であり、疎水性環境下で蛍光が増強します。また、試薬を添加するだけで生細胞および固定化細胞中の脂肪滴を明瞭に観察することができます。

脂肪滴とその機能

脂肪滴は、トリアシルグリセロールやコレステロールなどの中性脂肪が単分層のリン脂質一重膜によって取り囲まれた構造体です。脂肪滴は脂肪細胞のみに存在するわけではなく、すべての細胞に普遍的に存在しています。

脂肪滴はその表面に種々のタンパク質が結合し、体内の脂質代謝制御において重要な役割を担っていることが明らかになっています1)。また、脂肪滴とオートファジー2)、細胞老化3)といった細胞内現象との相関性も示唆されており、脂肪滴の形成・成長・融合・分解のメカニズムをより詳細に解明するツールが待ち望まれています。

参考文献
  1. Fujimoto, T. et al. : ”Lipid droplets: a classic orangelle with new outfits.” Histochem Cell Biol., 130(2), 263(2008).
  2. Singh, R. et al. : ”Autophagy regulates lipid metabolism.” Nature, 458(7242), 1131(2009).
  3. Yokoyama, M. et al. : ”Inhibition of endothelial ap53 improves metabplic abnormalities related to dietary obesity.” Cell Reports, 7(5), 1691(2014).

脂肪滴の染色例

オレイン酸を添加したHeLa細胞を生細胞の状態で、Lipiシリーズの各色素で染色しました。

スケールバー:20 µm
染色条件

HeLa細胞の培養液中に200 µmol/Lオレイン酸を添加、一晩培養後に細胞をPBSで洗浄し、Lipiシリーズの各色素1 µmol/Lにて15分間染色し観察。

上段:蛍光画像
下段:位相差画像とのマージ画像

検出条件
  • Lipi-Blue
    Ex. 405 nm/ Em. 450-500 nm
  • Lipi-Green
    Ex. 488 nm/ Em. 500-550 nm
  • Lipi-Red
    Ex. 561nm/ Em. 565-650nm

抗体検出法との高い相関

HepG2細胞を4 % PFAにて固定化後、100 nmol/L Lipi-Greenにて染色。その後、脂肪滴膜上のタンパク質(Adipophilin;ADFP)を認識する抗ADFP蛍光標識一次抗体により免疫染色しました。結果、Lipi-Greenは脂肪滴マーカーであるADFPの局在と高い相関を示しました。

検出条件
  • Lipi-Blue:Ex. 488 nm/ Em. 500-600 nm
  • 抗ADFP抗体(Alexa Fulor®647):Ex. 640 nm/ Em. 650-700 nm

Lipi シリーズの蛍光特性

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。