色の比較液

色の比較原液

医薬品中に含まれる硫酸によって着色する微量の不純物は硫酸呈色物試験法によって試験されます。このとき3種類の「色の比較原液」を一定の割合で混合調製した「色の比較液」と比較することによって判定します。

特長

  • 使い切りやすい50 mL包装
  • 日本薬局方の調製比に準じた調製液
  • 使用期限をラベルに記載

色の比較試験法とは

色調の純度試験などにおいて、色の比較液との比較による判定に用います。

  • 色の比較原液塩化コバルト(Ⅱ)の色の比較原液
  • 塩化鉄(Ⅲ)の色の比較原液
  • 硫酸銅(Ⅱ)の色の比較原液

参考:第十七改正日本薬局方

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

色の比較原液

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。