三次元培養用培地作成試薬

日産化学 SphereMax™

SphereMax™は日産化学工業が独自に開発したポリマー"LA717"の1.0%溶液です。本製品を培地に添加することにより、細胞が低接着プレート上で均一に分散し、スフェアを形成します。 形成したスフェアは器材底面に沈み、検鏡観察を容易に行うことができるため、スフェア形成アッセイやスフェアのイメージング解析に有効です。

特長

  • 培地に添加することで細胞低接着プレート上で細胞が均一に分散し、スフェアを形成
  • スフェアが器材底面に沈むため、三次元イメージング解析に最適
  • 粘性は水と同等であり、試験化合物等の添加が容易

00549_img03.jpg

SphereMax™含有培地は4℃にて保存可能。 通常の培地と同様に抗生物質や血清などの添加物を混ぜることもできます。

培地作成プロトコル

00549_img04.jpg

抗がん剤に対する感受性試験

00549_img01.jpg

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。