ES細胞・iPS細胞培養用容器のコーティング剤

StemSure® ゼラチン溶液

本製品はディッシュやマルチウェルプレートなど培養容器に使用するコーティング剤です。
ブタ皮膚由来のゼラチンを使用し、D-PBS(-)で調製しています。

特長

  • マウスES細胞D3株を使用して毎ロット品質試験を行っています。
  • 使用濃度に調製済みのためそのまま培養容器のコーティングに使用できます。

試験項目

  • コロニー形成試験(マウスES細胞D3株を使用)
  • アルカリホスファターゼ試験(マウスES細胞D3株を使用)
  • 無菌試験
  • エンドトキシン
  • マイコプラズマ試験

ヒトiPS細胞201B7株の培養

《コロニー形態とALP染色》

StemSure® ゼラチン溶液を用いて、マルチウェルプレートをコーティングした。コーティング後にフィーダー細胞を播種し、フィーダー細胞上でヒトiPS細胞201B7株を培養し、その細胞形態とALP染色が陽性であることを確認した。

<培地組成>

D-MEM/Ham's F-12 + 20% StemSure® 血清代替品 + 2mmol/l L-グルタミン +1×MEM非必須アミノ酸 + 0.1 mmol/ StemSure® 2-メルカプトエタノール + 1×ペニシリン-ストレプトマイシン + 5 ng/mL bFGF

マウスES細胞D3株の培養

《クローニング効率》

StemSure® ゼラチン溶液もしくはA社同等品を用いてコーティングしたマルチウェルプレートで、マウスES細胞D3株を用いて培養し、クローニング効率を比較した。

《未分化マーカー発現の確認》

StemSure® ゼラチン溶液を用いてコーティングしたマルチウェルプレートで、マウスES細胞D3株を16継代培養し、各種未分化マーカー(Oct3/4, Sox2, Nanog)が陽性であることを確認した。

《テラトーマ形成の確認》

StemSure® ゼラチン溶液を用いてコーティングしたマルチウェルプレートで、マウスES細胞D3株を継代培養した。その細胞を免疫不全マウスの皮下にインジェクションした。皮下にテラトーマが形成され、その内部に神経組織(外胚葉由来)、軟骨組織(中胚葉由来)、繊毛上皮を伴う管腔構造(内胚葉由来)などを確認した。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

関連製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

StemSure® シリーズ

StemSure® シリーズは、ES細胞やiPS細胞の培養に使用できる製品です。マウスES細胞D3株を用いて毎ロット品質試験を行っています。
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。