ルテニウム触媒

ルテニウム錯体は様々な酸化状態と配位構造を有するため、触媒反応に応用されています。代表的な例には、メタラサイクル、ビニリデン錯体、π錯体形成、酸化/還元反応などの有用な反応が報告されています。最も広く使用されているルテニウム錯体を使用する反応として、グラブス触媒を用いた開環重合(ROMP)および閉環メタセシス(RCM)反応があります。この成果により、2005年にルテニウム錯体を用いたメタセシス反応の開発分野にノーベル化学賞が授与されました。

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。