カートに追加しました

比較表に追加しました

PD0325901 PD0325901

細胞生物学用
for Cellbiology
規格含量 :
98.0+% (HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
391210-10-9
分子式 :
C16H14F3IN2O4
分子量 :
482.19
適用法令 :
安衛法57条・有害物表示対象物質 労57-2
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
162-25291
JAN
4987481629837
5mg
希望納入価格
17,000 円

20以上

販売元
168-25293
JAN
4987481629844
25mg
希望納入価格
68,000 円

5

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 本品は強力な抗腫瘍活性を持つMAPK阻害剤です。MAPKのリン酸化、活性化の阻害、腫瘍細胞増殖阻害を引き起こします。PD0325901は副作用を示すことなくMAPK活性を阻害します。
本品とCHIR99021を培地に添加するとマウスES細胞を効率よく培養できます。また、本品をSB431542、チアゾビビンとともに使用するとリプログラミング効率が200倍以上改善し、かつリプログラミング速度がスピードアップする、と報告されています。
〔Ying, QL., et al.: Nature, 453, 519(2008).〕
〔Lin, T., et al.: Nat. Methods, 6, 805(2009).〕
ナイーブ型ヒトES 細胞の誘導維持に
IM-12、PD0325901、SB590885、WH-4-023、Y-27632、Activin A、hLIF をオンフィーダーでともに使用すると、マウスES 細胞の基底状態と類似したナイーブ型ヒトES細胞を誘導維持することができると報告されています。
(和光純薬時報 Vol.83, No.4(2015), p16)
(Wako BioWindow June.2015/No.137, p14)

物性情報

外観 白色~うすい褐色, 結晶~粉末
溶解性 DMSOに可溶
(Wako BioWindow June.2015/No.137, p14)

製造元情報

別名一覧

  • N-[(2R)-2,3-ジヒドロキシプロポキシ]-3,4-ジフルオロ-2-[(2-フルオロ-4-イオドフェニル)アミノ]-ベンズアミド
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。