カートに追加しました

比較表に追加しました

ペニシリン-ストレプトマイシン-アムホテリシンB懸濁液 (×100) (抗生物質-抗真菌剤溶液) Penicillin-Streptomycin-Amphotericin B Suspension (×100) (Antibiotic-Antimycotic Solution)

細胞培養用
for Cell Culture
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
161-23181
JAN
4987481473324
100mL
希望納入価格
5,600 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 培地添加用の抗生物質です。
10,000units/mL ペニシリンG、10,000μg/mL ストレプトマイシン硫酸塩、25μg/mL アムホテリシンBを含む0.85% 生理食塩水です。ペニシリンGは、細胞壁の主要成分であるペプチドグリカンの合成酵素を阻害し、細菌の細胞壁合成の阻害へと導きます。細菌は、増殖とともに細胞壁が薄化し、やがて溶菌します。ペニシリンGは、グラム陽性菌、グラム陰性球菌に対して強い抗菌活性を示します。ストレプトマイシン硫酸塩は、リボソーム上でのたんぱく質合成を阻害し、数多くの細菌に対して抗菌活性を持ちます。アムホテリシンBは、真菌細胞膜のエルゴステロールと結合して膜機能膜機能の障害を引き起こし、細胞内成分を漏出させます。
動物細胞の培養に
細胞培養用試薬
抗生物質溶液
細胞培養時に、各種微生物の増殖を抑える抗生物質です。コンタミネーションの防止や遺伝子導入細胞の選抜な
どに使用できます。ろ過滅菌処理されていますので、そのまま液体培地に添加してご使用下さい。
品質試験
外観、浸透圧、pH、エンドトキシン試験、マイコプラズマ試験 など
(和光純薬時報 Vol.80, No.2(2012), p26)
(和光純薬時報 Vol.82, No.3(2014), p20)
(Wako BioWindow MAR.2012/No.115, p26)
(Wako BioWindow NOV.2012/No.120, p2)
(Wako BioWindow MAR.2014/No.129, p10)
(Wako BioWindow JUL.2014/No.132, p3)
(Wako BioWindow April.2015/No.136, p5)
無菌試験、エンドトキシン試験、マイコプラズマ試験 適合。

物性情報

外観 黄色の懸濁液
ph情報 pH 5.0~7.0
純度 エンドトキシン : <=0.3EU/ml

製造元情報

別名一覧

  • 抗生物質-抗真菌剤溶液
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。