カートに追加しました

比較表に追加しました

オイルレッドO Oil Red O

病理研究用
for Pathology Research
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
室温
CAS RN® :
1320-06-5
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
154-02072
JAN
4987481377264
25g
希望納入価格
6,400 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

染色例

  • マウス 正常肝臓
  • マウス 脂肪肝

    脂肪肝では小葉周辺性に脂肪の蓄積が観察される。

写真提供:大阪保健医療大学大学院 柴田 雅朗 先生、国立循環器病研究センター 斯波 真理子 先生

使用方法例

  • 脂肪(中性脂肪) - 赤橙色~濃赤色
  • 保存液 -  99% イソプロピルアルコール 100 mLにオイルレッドO粉末0.3 gを入れ、密栓できる容器で60 ℃、一晩放置する。十分な飽和溶液を作る。
  • 使用液 - 保存液:精製水を6:4で混合し、激しく振盪し、10~30分後に濾過して染色液として用いる。

概要・使用例

概要 病理染色用色素。
脂肪染色時に使用し、脂肪細胞を赤く染める。
調製液作製方法:
保存液…オイルレッドO 0.3g
    99%2-プロパノール 100ml
上記をよく振とう溶解し飽和溶液とする。使用時に保存液:蒸留水=6:4にて激しく振とうし10分後にろ過。2時間以内に使用する。
脂肪染色試薬
本品は、蛍光顕微鏡及びフローサイトメトリーによる細胞内脂肪摘出に優れた生体染色試薬です。疎水性色素であり、生体内では中性脂質との親和性が高く、脂肪に取り込まれて蛍光を発します。
(和光純薬時報 Vol.81, No.1(2013), p16)

物性情報

外観 褐色~黒色又は緑黒色, 結晶~粉末又は塊
溶解性 水に難溶、芳香族溶剤に可溶。
エタノール及びアセトンに溶け、水に溶けない。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。