標準液

定量NMR(qNMR)用標準液は、独立行政法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ)の認証標準物質「フタル酸水素カリウム」を1H数の校正に用い、定量NMR法によって濃度を求めています。

特長

  • 定量NMR法による純度保証
  • 信頼性の証である不確かさを付与
  • 標準物質の精密な秤量が不要
  • 外標準法の標準物質として使用することも可能

標準液を用いた内標準法概略

内標準法 参考論文

Yamazaki T. et al. Bunseki Kagaku, 63, 323(2014):Study of Sample Preparation Method Using Internal Standard
Solution to Accurate Quantitative Analysis with 1H NMR Spectroscopy

製品一覧

  • 項目をすべて開く
  • 項目をすべて閉じる

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。