セミナー・展示

セミナー 分析

水道水質・環境分析セミナー2020第2弾 環境分析ウェビナー2020

日時 2020年10月16日(金)13:00~17:00 ビデオウェビナーにて開催

ご挨拶

この度、アジレント・テクノロジー株式会社、富士フイルム和光純薬株式会社の共催により、金属分析等の最新情報を提供するセミナーを開催いたします。 セミナーではゲスト講師として国立研究開発法人産業技術総合研究所 大畑 昌輝 氏をお招きし、ICP-OES、ICP-MSにおける精確な定量分析について紹介いただきます。また、アジレント・テクノロジー株式会社、ビーエルテック株式会社、および富士フイルム和光純薬株式会社からは、最新の装置のご案内や、関連する試薬をご紹介いたします。

主催
富士フイルム和光純薬株式会社、アジレント・テクノロジー株式会社
後援
一般社団法人 日本環境測定分析協会、一般社団法人 全国給水衛生検査協会
日時
2020年10月16日 (金) 13:00-17:00
※セッション毎に小休憩があります
参加費
無料
定員
500名
参加申込み
こちらからお申し込みください

お問合せ先

富士フイルム和光純薬株式会社 
TEL:0120-052-099
ご相談・お問合せはこちら E-mail:ffwk-seminar@fujifilm.com

次のようなお客様におすすめです!

  • 環境分析/金属分析を実施されている方
  • 環境分析/金属分析にご興味のある方
  • 検査ラボの効率化/信頼性向上にご興味のある方

セミナープログラム:時間 / 講演内容

12:50
配信開始
13:00-14:30
特別講演 『ICP-OESとICP-MSにおける精確な定量分析のための留意点』
産業技術総合研究所 計量標準総合センター
物質計測標準研究部門 無機標準研究グループ グループ長  大畑 昌輝 氏

ICP-OESとICP-MSは、幅広い産業分野で利用されている高感度元素分析法ですが、精確な定量値を得るためには、それら装置の最適化や測定法の選択・設定、分析法の選択やそのために使用する標準液や試料の調製法などについて、いくつか注意すべき点があることも知られています。講演では精確な定量分析のための留意点について、測定時に観測されるいくつかの典型的な事象とそれらの対処法などについて紹介・解説します。

14:30-14:45
休憩
14:45-15:15
『目的に応じた元素 (金属) 分析標準液の選び方と注意点」
富士フイルム和光純薬株式会社

『全自動 酸添加加熱 自動前処理装置DEENA3のご紹介』
ビーエルテック株式会社

300℃まで加熱!排水、食品から土壌に至るまで対応可能!
試薬の添加からメスアップまで正確・迅速・安全に全自動を実現。
微量金属測定の前処理事例を含めてご紹介します。

15:45-16:00
休憩
16:00-17:00
『ICP-OESとICP-MSにおける定量分析の留意点 ~装置メンテナンスのポイント』
アジレント・テクノロジー株式会社

※有機フッ素化合物の分析の最新情報もご紹介いたします

17:00
配信終了

パンフレット