セミナー・展示

セミナー 分析

島津製作所主催 最新の水道水分析方法 / ラボの生産性向上のご提案 【ウェビナー】

日時 配信期間:2020年6月4日(木)~12月24日(木)

2020年4月に水道法水質検査方法の改正が行われ,塩素酸が水質基準項目として定められLCMSMS法 (告示法) が,また有機フッ素素化合物 PFOS・PFOAが水質管理目標管理として定められ固相抽出-LCMS法 (通知法) が,それぞれ追加されました。

本ウェビナーでは,水道水質検査方法に関する最新情報と各種分析例およびラボの生産性向上に関する内容を紹介します。

ウェビナー詳細につきましては、株式会社島津製作所ホームページにてご確認ください。

株式会社島津製作所
株式会社アイスティサイエンス
富士フイルム和光純薬株式会社

  • 本ページでご紹介しているウェビナー動画をご視聴いただくには、株式会社島津製作所の提供するShim-Solutions Clubへの会員登録が必要です。会員登録はこちら
視聴時間 プログラム 講演者
約40分 LCMSMSの分析例,分析業務の効率化のご紹介

陰イオン類とPFOS,PFOA分析例,移動相/カラム切り替えシステムを用いた分析の効率化,フロントLCの自動化機能,データ解析・レポート作成の効率化について
株式会社島津製作所
約30分 代替キャリアガスによる運用と最新の装置における自動化の追求

窒素や水素などの代替キャリアガスにおける運用のコツや注意点と装置の起動時から分析準備までの自動化、Twin Line MSシステムや自動希釈機能などによる分析の効率化について
株式会社島津製作所
約15分 固相抽出装置など前処理装置による自動化

オンライン固相抽出GCMSシステムによる水質農薬分析の効率化のご提案
株式会社アイスティサイエンス
約20分 水質分析用標準試薬のご紹介

2020年4月の水道水質検査法の改正点に合わせた試薬や最新の水質分析で用いられる試薬について
富士フイルム和光純薬株式会社
約30分 水道水質管理におけるTOC計運用のポイント

TOCに関する水道水質管理 (検査方法告示,検査方法の妥当性) のポイントと島津TOC-Lによる作業の自動化・効率化のご紹介
(coming soon)
株式会社島津製作所