カートに追加しました

比較表に追加しました

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン Thyrotropin Releasing Hormone

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
98.5+% (Calculated on the dehydrous basis)(Titration)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
24305-27-9
分子式 :
C16H22N6O4・C4H6O6・H2O
分子量 :
530.49
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
200-07941
JAN
4987481339460
1mg
希望納入価格
4,000 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 〈薬理・生理研究試薬〉〈ホルモン〉

 ホルモンとは、特定の組織または臓器で産出され、血液によって他の部位に運ばれ、目的とする標的器官の機能を支配する生理物質をいいます。

 ホルモンは化学構造上から次のように分類されます。

  a)タンパク質系およびペプチド系ホルモン:脳下垂体ホルモン、膵臓ホルモン

  b)生体アミン系ホルモン :神経ホルモン、甲状腺ホルモン

  c)ステロイド系ホルモン :性ホルモン、副腎皮質ホルモン

〈視床下部ホルモン〉

 中枢神経系の下垂体腺葉部に及ぼす影響は視床下部-下垂体門脈系を介した神経液性物質により伝達されます。現在9種のホルモンまたは因子の存在が確認されていて、下垂体腺葉部ホルモンのうち、ACTH,TSH,LH,FSHは放出促進性調節のみを受け、prolactin,GH,MSHは放出促進および抑制性調節の二重支配を受けます。

下垂体ホルモン分泌を調節する視床下部ホルモン(因子)

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン。TSHの分泌を促進するとともにプロラクチンの分泌も促す。

アミノ酸配列:pyro Glu-His-Pro-NH2。
使用上の注意 安定性

水溶液は15℃以下であれば1年以上不変。

物性情報

外観 白色~ほとんど白色, 結晶性粉末
溶解性 水,メタノール,エタノールに易溶、クロロホルム,エーテルに難溶。
水,メタノール,エタノールに易溶、クロロホルムに難溶、エーテル,ピリジンに不溶。
ph情報 pH (10g/l, 25℃) : 3.0~4.0
比旋光度 [α]D20 -50.0〜-53.0゜ (c=2, H2O) (Calculated on dehydrous basis)

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。