カートに追加しました

比較表に追加しました

(±)-スルピリド (+/-)-Sulpiride

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
98.0+% (Titration)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
CAS RN® :
15676-16-1
分子式 :
C15H23N3O4S
分子量 :
341.43
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
190-12061
JAN
4987481389021
1g
希望納入価格
3,000 円

3

販売元
198-12062
JAN
4987481389038
25g
希望納入価格
8,700 円

5

販売元
196-12063
JAN
4987481391000
100g
希望納入価格
18,000 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 ベンズアミド誘導体のスルピリドは、古くより食欲増進薬として用いられていた。その薬理作用は、ドパミンD2受容体(以下D2)の特異的遮断作用であるが、脳内移行が悪い為中枢D2遮断より末梢D2遮断のほうが強く現れる。臨床では、その作用を潰瘍治療薬の消化器不安定症状のコントロールに用いている。粘膜の修復、抵抗力増強作用、潰瘍治癒に効果があり、中枢にも若干作用することから制吐作用も有する。
抗うつ作用物質
■ドーパミン受容体遮断剤
ドーパミンD2受容体遮断作用を示し、脳内の細胞外ドーパミン量を増加させます。
アドレナリン、セロトニン等のモノアミン受容体に対する拮抗作用はほとんど示しません。
(Wako BioWindow SEP.2013/No.126, p20)
(Wako BioWindow NOV.2014/別冊号 vol.1, p19)
用途 薬理、生理作用研究用。

物性情報

外観 白色〜わずかにうすい褐色, 結晶性粉末〜粉末
溶解性 エタノール及びアセトンに溶けにくく、水にほとんど溶けない。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。