カートに追加しました

比較表に追加しました

レバウジオシドD Rebaudioside D

食品分析用
for Food Analysis
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
63279-13-0
分子式 :
C50H80O28
分子量 :
1129.15
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
180-02511
JAN
4987481499010
5mg
希望納入価格
29,800 円

20以上

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 本品は食品分析用規格のレバウジオシドDである。ステビア抽出物の分析などに使用される。
ステビア抽出物
南米原産のキク科植物ステビアから抽出されるステビア抽出物は、世界中で使用されている天然甘味料です。ステビア抽出物には、ステビオシド、ズルコシドA、レバウジオシドA、B、C、Fなどのステビオール配糖体(ステビオール骨格にグルコースなどが結合したもの)やステビオールが含まれており、ステビオシドは、ショ糖の約300倍の甘さをもつことが知られています。
食品添加物公定書に「ステビア抽出物」として、また、JECFA Monographsには「Steviol Glycosides」(ステビオール配糖体)として収載されています。 (Wako Analytical Circle 2012.6/No.65, p4)
食品分析用
ステビア抽出物
南米原産のキク科植物ステビアから抽出されるステビア抽出物は、世界中で使用されている天然甘味料です。ステ
ビア抽出物には、ステビオシド、ズルコシドA、レバウジオシドA、B、C、D、F などのステビオール配糖体(ステビオール骨格にグルコースなどが結合したもの)やステビオールが含まれており、ステビオシドは、ショ糖の約300 倍の甘さをもつことが知られています。
ステビア抽出物は、食品添加物公定書に「ステビア抽出物」として、また、JECFA Monographs には「Steviol Glycosides」(ステビオール配糖体)として収載されています。 (和光純薬時報 Vol.80, No.3(2012), p14)
使用上の注意 アルゴン封入

物性情報

外観 白色, 結晶〜粉末
溶解性 水とアセトニトリルの混合溶液に溶ける。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。