カートに追加しました

比較表に追加しました

Pd/C(en) (Pd 5%)(含水) Pd/C(en) (Pd 5%)(wetted with water)

有機合成用
for Organic Synthesis
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
適用法令 :
PRTR-1 安衛法57条・有害物表示対象物質 労57-2
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿
SDS
比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
160-27311
JAN
4548995048035
5g
希望納入価格
5,500 円

4

販売元
168-27312
JAN
4548995048042
25g
販売終了
販売元
166-27313
JAN
4548995048059
100g
販売終了

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

選択的接触還元触媒シリーズ

接触還元反応では、不均一触媒であるパラジウム炭素(Pd/C)が、穏和な中性条件下、さまざまな官能基を効率よく還元することから広く用いられていますが、Pd/Cの持つ強い還元能のため官能基選択性や位置選択性を達成することは困難でした。
当社ではこれらを解決するため、それぞれ触媒毒の異なるPd固定化触媒、オスミウムと活性炭素を複合化した触媒を販売しています。

特長

  • 選択的還元が可能
  • 反応性が少ない

アプリケーション

5 % Pd/C(en)を用いた選択的な接触還元では保護基であるベンジルエーテル、脂肪族アミンのCbz(benzyloxycarbonyl)基、O-TBDMS(t-butyldimethylsilyl)基、エポキシドおよびベンジルアルコールの還元を抑制しながら、オレフィン、アジド、ニトロ、ベンジルエステル、芳香族ハロゲンなどの官能基を容易に還元することが可能です。

参考文献

  1. 佐治木弘尚, 廣田耕作 : 有機合成化学協会誌, 59, 109 (2001).
  2. 吉田雄一 : 和光純薬時報, 77(3), 13 (2009).

概要・使用例

概要 Pd/C(en)はパラジウム活性炭素(Pd/C)のパラジウムとエチレンジアミンの複合化した不均一触媒です。本品は、含水タイプの触媒で発火のリスクが抑えられています。
Pd/C(en)を用いた接触還元では、保護基であるベンジルエーテル 、脂肪族アミンのZ(benzyloxycarbonyl)基 、O-TBDMS(t-butyldimethylsilyl)基 、エポキシド及びベンジルアルコールの還元を抑制しながら、オレフィン、アジド、ニトロ、ベンジルエステル、芳香族ハロゲンなどの官能基を容易に還元することが可能です。
使用上の注意 アルゴン封入

物性情報

外観 黒色の粉末

製造元情報

別名一覧

  • パラジウム-活性炭素エチレンジアミン複合体 (Pd 5%)(含水)
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。