カートに追加しました

比較表に追加しました

KANEKA KanCap™ G プレパックカラム KANEKA KanCap™ G Prepacked Column

遺伝子研究用
for Genetic Research
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
115-01121
JAN
4548995067197
1mL
希望納入価格
23,000 円

15

販売元
111-01123
JAN
4548995067203
5mL
希望納入価格
65,000 円

18

販売元
119-01124
JAN
4548995067210
5mL×5
希望納入価格
275,000 円

ドキュメント

SDS
製品規格書
添付文書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

性状・特徴

  • KANEKA KanCap™ G (担体)
    マトリックス 高架橋セルロース
    リガンド 改変型プロテインG
    動的結合容量 ≧25 mg/mL-resin (ヒトFab)
    pH範囲 2~9
    定置洗浄条件 6~8 mol/L 尿素、6 mol/L 塩酸グアニジン
    平均粒子径 65~85 μmc
  • KANEKA KanCap™ G (カラム)
    保存用緩衝液 20 %エタノール水溶液
    滞留時間 ≧2分 (推奨は3~6分)
    最大圧力 30bar
    担体充填量 1 mL 5 mL
    内径 x 長さ (mm x mm) 8.0 x 20 8.0 x 100
    最大流速 (mL/min) 0.84 4.19

KANEKA KanCap™ Gリガンドの設計

KANEKA KanCap™ Gには、CH1領域を含む抗体フラグメント(Fab)に対する親和性が野生型よりも高い新規プロテインGが使用されています。Fabがκ、λいずれの軽鎖の場合でも、高い親和性を示します。

CH1領域に対する高い親和性

取り扱い上の注意

カラム性能を維持し微生物増殖を防ぐため、未使用の本製品の保管については現品説明書をご参照ください。また、システムから取り外した本製品は、両端をInlet stopperとOutlet stopperで堅く締めて保管してください。その際、空気が入らないようお気をつけください。

概要・使用例

概要 本品は、抗体およびFc融合キメラタンパク質の精製用プレパックカラムです。KANEKA KanCap Gは,変異導入によってヒト抗体イムノグロブリンCH1領域への親和性を高めた新規Protein G担体です。結合容量も向上しています。ヒトFab,ヒトF(ab')2フラグメントおよび全長のヒト抗体イムノグロブリン精製にご使用ください。
特長 1. CH1領域やFc領域を含む抗体分子に対する高い結合容量
2. プレパックタイプ
3. Ready to use
使用方法 ・CH1領域やFc領域を含んだFabおよびF(ab')2などのフラグメントフォーマット抗体の精製
・プロテインAレジンにほとんど結合しない全長フォーマット抗体の精製

物性情報

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。