カートに追加しました

比較表に追加しました

インスリングラルギン, 組換え体 Insulin Glargine, recombinant

薬理研究用
for Pharmacology Research
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
CAS RN® :
160337-95-1
分子式 :
C267H404N72O78S6
分子量 :
6062.89
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
092-06181
JAN
4987481621954
1mg
希望納入価格
10,500 円

11

販売元
098-06183
JAN
4987481621961
10mg
希望納入価格
65,000 円

19

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 ヒトインスリンのA鎖21位のアスパラギンをグリシンに置換し、B鎖C末端に2個のアルギニン残基を付加したインスリンアナログ。インスリングラルギンは、等電点が約pH 6.7のため、生理的pHでは等電点沈殿を起こし徐々に溶解、吸収されるため、インスリンと比較して、血糖低下作用を長く示します。
インスリンアナログ
インスリングラルギン,組換え体

ヒトインスリンのA鎖21位のアスパラギンをグリシンに置換し、B鎖C末端に2個のアルギニン残基を付加したインスリンアナログです。インスリングラルギンは、等電点が約pH 6.7のため、生理的pHでは等電点沈殿を起こし徐々に溶解、吸収されるため、インスリンと比較して、血糖低下作用を長く示します。

Wako BioWindow No.112, p. 24 (2011.10)
インスリンアナログ
インスリングラルギン,組換え体

ヒトインスリンのA 鎖21 位のアスパラギンをグリシンに置換し、B 鎖C 末端に2 個のアルギニン残基を付加したインスリンアナログです。インスリングラルギンは、等電点が約pH 6.7 のため、生理的pH では等電点沈殿を起こし徐々に溶解、吸収されるため、インスリンと比較して、血糖低下作用を長く示します。

●外観:白色~ほとんど白色、結晶~粉末
●含量(HPLC):99 . 2 %(初回生産ロット実績値)
●溶解性:希塩酸に可溶
●C267H404N72O78S6 = 6062.89

和光純薬時報 Vol.79, No.4 p25 (2011)

物性情報

外観 白色〜ほとんど白色, 結晶〜粉末
起源 Pichia Pastoris expressed insulin glargine
溶解性 希塩酸に溶け、水、エタノール、ジエチルエーテル及びクロロホルムにほとんど溶けない。

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。