カートに追加しました

比較表に追加しました

Flt3 リガンド, ヒト, 組換え体 Flt3 Ligand, Human, reconbimant

生化学用
for Biochemistry
規格含量 :
98% (SDS-PAGE, HPLC)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷凍 (ドライアイス輸送)
分子式 :
アミノ酸残基:155
分子量 :
MM:17.6kDa
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
067-04053
JAN
4987481444577
1mg
見積り
販売元
061-04051
JAN
4987481390614
10μg
希望納入価格
41,900 円

10

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 造血肝細胞に発現している新規な受容体型チロシンキナーゼ探索により見出されたFlk2/Flt3はc-kitやc-fmsのホモローグである事が明らかにされた。Flk2/Flt3融合たん白と結合能を持つたん白の検索によりそのリガンドが釣られてきた。これはCSF-1やSCFと相同性の高い膜貫通たん白として同定された。C-kit+やCD34+細胞の増殖、コロニー形成を促進する。
和光純薬時報 Vol.73 No.3 p.23(2005)。
WAKO BIO WINDOW No.69,p15(2005.AUG.)。
使用方法 滅菌水で0.1mg/mLの濃度に溶解。溶解後は4℃(長期にわたる時は-20℃)保存。更に希釈する場合はキャリアーたん白を含む緩衝液か血清を含む培地を用いる

物性情報

起源 E.coli expressed human flt3 ligand
活性 ED50: <1.0ng/mg (比活性 >1×10~6units/mgに相当) 
    ヒトAML5細胞の用量依存的増殖刺激による
溶解性 水に溶ける。
基質情報 エンドトキシン:0.1ng/μg(1EU/μg)以下  ろ過滅菌済

製造元情報

別名一覧

  • Flt-3 リガンド
  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。