カートに追加しました

比較表に追加しました

ダカルバジン Dacarbazine

薬理研究用
for Pharmacology Research
規格含量 :
98.0+% (Titration)
製造元 :
富士フイルム和光純薬(株)
保存条件 :
冷蔵 (氷冷輸送)
CAS RN® :
4342-03-4
分子式 :
C6H10N6O
分子量 :
182.18
GHS :
  • 構造式
  • ラベル
  • 荷姿

製品規格・包装規格の改訂が行われた場合、画像と実際の製品の仕様が異なる場合があります。

SDS

基本情報

比較
製品コード
容量
価格
在庫
販売元
043-29953
JAN
4987481459120
1g
希望納入価格
24,500 円

3

販売元
047-29951
JAN
4987481459113
200mg
希望納入価格
7,900 円

6

ドキュメント

SDS
製品規格書
スペクトルデータ
検査成績書
校正証明書

アプリケーション

概要・使用例

概要 アルキル化薬。代謝で生じたジアゾメタンを介したアルキル化作用によりDNAを障害し、抗腫瘍作用を現します。
WAKO BIO WINDOW No.77,p.2-3(2006.OCT.)。
薬理研究用 がん研究用試薬■アルキル化薬 弊社では、抗がん作用を持つ成分をラインナップしました。含量または力価試験の他にもチェック項目を設け、品質を保証しております。がんの基礎研究用試薬として、ご利用ください。 (Wako Bio Window No.79, p28 (2006.12))
当社では、抗がん作用を持つ試薬をラインナップしております。がんの基礎研究試薬としてご使用頂けます。含量または力価試験の他にもチェック項目を設け、品質を保証しております(項目は各製品で異なる)。
アルキル化薬
アルキル化作用によりDNAやタンパク質との間に架橋を形成します。この結合によりDNAの複製を阻害します。
(和光純薬時報 Vol.75 No.1 p20 (2007.1))
Dacarbazine
がん研究用試薬細胞分裂・血管新生・アポトーシス関連の基礎研究用試薬
■DNA、RNA合成阻害剤
代謝で生じたジアゾメタンを介したアルキル化作用によりDNAの障害を引き起こす。
Wako Bio Window No.87, p10 (2008.2)
用途 がん研究用試薬。

物性情報

外観 白色〜うすい黄色, 結晶性粉末〜粉末
溶解性 水に溶けにくく、エタノール及びアセトンにほとんど溶けない。
融点 約205℃ (dec.)

製造元情報

別名一覧

  • 掲載内容は本記事掲載時点の情報です。仕様変更などにより製品内容と実際のイメージが異なる場合があります。
  • 掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • 表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • 表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。